まとめてお料理編~♪



さてさてちょっとたまってしまいましたが
お料理編を^^

まずは

180603DSC0919680507.jpg

アコウ&ガッシーから

180603securedownloadakoumesi50701.jpg

アコウのアラで採った出汁に薄口醤油 塩 酒 針生姜 人参。
ロースターで軽く焼いたアコウの身を加えて炊飯しました。

180603securedownloadakoumesi3.jpg

まぁ なんて贅沢!なんて丁寧!!^^

180603DSC0919180507.jpg

鯛飯ならぬアコウ飯

180603DSC0918980507.jpg

カルパッチョです。

右側がガシラで左がアコウ。

写真では見分けがつきませんが
食べたらわかります(笑)。

今回のアコウ とっても身がプリプリで美味しかったのですよ。
過去最強だったかも。

180603DSC0918680507.jpg

これはアコウのお刺身ですね。

180603DSC0919480507.jpg

アコウのアラの潮汁。

180603DSC0919380507.jpg

ガシラの干物。

一晩塩水に漬けたガシラを吸水シートで脱水。
左手前はね、愛犬CHICAさん用に捌いた
小さいアコウのカマ部分です。

そう、お犬様が身の方で
人間はカマの部分です^^。

さてお次は

180603DSC0917680507.jpg

ちょっと戻ってナイトキンメの時の分です。

180603DSC0917480507.jpg

キンメの煮付け。

やっと食べれたけど・・・
美味しかったけど・・・

これで終わりなのが寂しすぎる・・・

180603DSC0917180507.jpg

ヨロリのお刺身。

今ふと思いましたが
これでしゃぶしゃぶも美味しいかな。

この日は

180603DSC0920680508.jpg

180603DSC0920280508.jpg

アコウの一夜干し。

まぁなんと贅沢なものを作ってしまったの
っていう1品^^。

高級魚アコウ様ですからね~。

これめっちゃ美味しいよ。
(当たり前か・・・^^)

180603DSC0920080508.jpg

アコウの中華風刺身サラダ。

細切りにしたレタス セロリ 長ネギ 人参 大根 パプリカ 生姜 茗荷に
ローストしたスライスアーモンドをお皿に盛り付け、
アコウの刺身を乗せパクチー 揚げワンタンの皮をトッピング。

本来、アーモンドじゃなくてピーナッツを使うそうですが在庫が無かったらしい・・・

180603DSC0921980509.jpg

この日は

180603DSC0921680509.jpg

ガシラの肝のペペロンチーノ味。

アコウって肝はしっかりしてなく
ほとんど綺麗に取り出せなかったので
ガシラです。

冷蔵庫で一晩血抜きしたガシラの肝を牛乳で炊いておいたので
それをオリーブオイルで炒めペペロンチーノシーズニングで味付け。

本当はペーストにしてガーリックトーストと一緒に頂く予定が
諸事情によりこうなっちゃったそう。

180603DSC0921480509.jpg

アコウ&ガシラのアラのマリネ焼き。

塩レモン ニンニク 塩コショウに漬け込んだアラに
オリーブオイルを振りかけオーブンへ。

他の魚のアラもこの食べ方はおすすめ。

っで〆ですよ〆。

180603DSC0922080509.jpg

アコウのヅケ茶漬け。

パンにご飯もはあり得ないよねって事でこれが諸事情の所以です^^;

180603DSC0922180509.jpg

醤油 出汁 煮切り酒&みりん 摺りゴマに漬け込んだアコウの切り身を
ご飯に乗せ熱々の出汁とわさびで頂きました。

もうね、旨過ぎ!

180603DSC0924580511.jpg

別の日には

180603DSC0923780511.jpg

クロムツの生ハム風。

薄作りにしたクロムツのお刺身に塩コショウ レモンペッパー。
吸水シートに挟んで冷蔵庫で一日。
オリーブオイルをかけて頂きました。

水分が抜けしっかりした食感だし
丁度いい塩加減にペッパーが効いてて
初めて食べましたがこれ、なかなかイケてます。

180603DSC0923680511.jpg

剣先のお刺身。
日本海バージョン^^

人参の飾りがお茶目^^。

今年はお初の船で柴山港 第二福祥丸さんと
イカメタルの聖地、茱崎のディープオーシャンさんに
予約を入れさせていただいてます。
今年はどうかな~。釣れるかな~。

180603DSC0927780514.jpg

この日は

180603DSC0927280514.jpg

天ぷら

隠れて見えにくいですが小イワシいます^^。

あと淡竹 大葉 舞茸 。

これ、私が揚げてます。
天ぷら担当です。

180603DSC0926680514.jpg

小イワシのコンフィ ON ガーリックトースト。

飾りはおうちチャイブとその花。

180603DSC0925780514.jpg

別の日には

180603DSC0925080514.jpg

ガシラの一夜干し

180603DSC0938480522.jpg

また別の日には

180603DSC0937980522.jpg

ヨロリの甘酢かけ。

180603securedownload8052206.jpg

唐揚げにしたヨロリに刻んだネギをトッピングして
醤油 香酢 砂糖 豆板醤ごま油で作ったタレをかけて。

多めのネギがいい感じ。

180603DSC0941080524.jpg

この日は

180603DSC0940780524.jpg

アコウの煮付け。

前にも書きましたが
これ、煮付けにして冷凍してあるんですね。

解凍したのを煮付けにしても
こうは綺麗にいきません。

180603DSC0935180519.jpg

太刀魚のマリネ焼き ハッセルバックポテト添えと

180603DSC0935380519.jpg

小イワシの唐揚げがあった日も。

180603DSC0942680525.jpg

別の日には

180603DSC0942380525.jpg

小イワシのトマトソース煮。

粉をつけ冷凍していた小イワシを
多めのオリーブオイルで焼いた後
トマトソースで軽く煮込みペコリーノとカッテージチーズ
パセリをトッピング~。

180603securedownload8052501p.jpg

イワシさん 綺麗です。

180603DSC09423805250pp.jpg

チーズがかき氷の練乳みたい^^。

180603DSC0941880525.jpg

冷や汁

釣ってきた魚じゃないんですけどね。

味噌 出汁 アジの干物 茗荷 生姜 ネギ ゴマ。
大葉がなかった・・・^^。

180603securedownload8052502.jpg

ご飯にかけてサラサラ~ッ

180603DSC0946180527.jpg

これは2回目のサビキ釣りの時の

180603DSC0945680527.jpg

小サバのサラダ。

体長10㎝ちょいの小サバを三枚におろし
強塩をして暫く置いた後氷水で数回洗って水けを取り
皮を引いてから野菜と合わせ
ラズベリービネガーベースのドレッシングをかけ
軽くトスして完成。

180603DSC0945580527p.jpg

火を通したら確実にパサパサになって
なかなか厄介な小サバさん。

でもね、こうやって食べたら美味しいのよ。

がんばって3枚おろしにした甲斐があろうというもの。
ハイ、こんな小さいのを3枚におろすのは私です^^。

180603DSC0945280527.jpg

マイワシの煮付け

180603securedownload8052807.jpg

180603DSC0945780527.jpg

グレのお刺身。

180603securedownload8052805.jpg

木っ端グレですが
サバに比べれば3枚おろしも楽勝!(笑)

180603DSC0946080527.jpg

マイワシのたたき

おっきめのが1匹だけでしたので
量は少なめ^^。

たっぷりの薬味でいただきました。

180603DSC0945380527.jpg

骨せんべい

180603DSC0944980527.jpg

塩をしたイワシを多めのオリーブオイルで焼いています。

180603securedownload8052809.jpg

このサイズだと骨も全然気にならないですよ。

180603DSC0950780530.jpg

この日は

180603DSC0950180530.jpg

唐揚げ 3種盛り(笑)

左から

180603securedownload8053010.jpg

カタクチイワシに

180603securedownload8053009.jpg

豆アジ

180603securedownload8053008.jpg

マイワシ

カタクチとマイワシ。
処理をしてる時は身の硬さの違いを感じるのですが
こうやるとあまり差を感じない。
(カタクチは結束バンドでおろせるぐらい
身が柔らかいのですよ)
味もほとんど差はありませんが
豆アジはしっかりと味があります。
味がいいからアジって言われるってだけの事はある!!??


約1ヶ月分を駆け足で紹介しましたが
今回のお魚さんたちはしっかりストックになっていますので
他にも晩御飯の1品として
食卓を飾ってくれてます。

釣れてくれたお魚さん、
料理をしてくれる奥さんに感謝です。


さて今度の釣りなんですが
なんか怪しい天気予報・・・

台風が~ あ~~~ 台風が~~~~~(笑)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

釣果は・・・だったけどお料理は!



さてそれではお料理編です。

釣果は残念でしたがお料理は別!
今回もスマッシュヒットの連発でした。

180403180403(1).jpg

左下に見えてる白いモハモハは
愛犬CHICAさんの頭です^^。

大好きなお魚が並んでるので必至に覗いてます(笑)

180403180403(2).jpg

胡麻サバ

魚の種類はマサバです(笑)。
ゴマサバではありませぬ。

福岡の郷土料理ですね。

サバを出汁醤油 摺りゴマ 煮切り酒で作ったタレに漬け込んでます。
魚はアニサキス対策で一旦凍らせてます。

っで、今回お初のヨロリです。

180325180325(5).jpg

ほら、腹まで黒いのよ・・・なんかグロい・・・
っで、キッチンペーパー引かないと捌きにくいぐらい
ヌルヌルなのよ。

180325IMG_2921.jpg

っでね、こいつのやっかいなのは
皮の側にも骨が入ってるの。結構しっかりしたのが。

180325IMG_2922.jpg

それを丁寧に骨切してます。

180325180325(7).jpg

ハモだと皮の反対側を切りますが
これは皮の方なので3枚に下ろす前に。

その方がやり易そう。

180325180325(6).jpg

この骨がね、背ビレ側から腹びれ側までしっかり入ってる感じなんで
包丁をまっすぐ入れちゃうと真ん中の骨まで行っちゃいます。
なので皮の表面に沿って包丁をいれるように。
わかります?

皮の下、数ミリまで身のカーブに沿って細かくね。

っでその切り身で

180403180403(6).jpg

湯引きしたヨロリのネギまみれと

180403180403(7).jpg

ヨロリの唐揚げ。

そして刺身は

180403180403(3).jpg

こんな感じ。

これは普通に3枚に下ろして
皮に骨を残すようにして
薄く身をそぎ切りにする感じ。

180403180403(4).jpg

ヨロリって初めて食べましたが
味があって美味しい魚なんですね。

その味もちょっと濃すぎたり、ひつこかったり
変わった味だと苦手なんですが
(なので私、ベラは苦手です)
これはいい塩梅。

だからこの刺身は知らずに食べたら
この魚なに?おいしいね!ってなりそう

さて次 これがもう絶品でした。

180403180403(5).jpg

何だと思います?

緑のはパクチー 左奥のはガーリックトースト(笑)

右側のこのペースト状のは・・・

180403180403(19).jpg

この方々^^

サバ、ヨロリ、クロムツの卵巣、白子、肝、心臓

最初、魚の数も少なかったので
今回は捨てちゃおうかなって感じだったのですが
マサバさんがオス2、メス2で
それぞれ白子、卵巣が入っていたので
何とかなるかと取り敢えず取っておきました。

いつもは煮付けとかが多いのですが
量も少ないし・・・さてどうしたものか・・・

っで、奥さんに「どうやって食べたい?」と聞かれ
「油のやつ」(眠すぎて頭が動いてなかったのですよ。
アヒージョ、コンフィみたいなオイル煮のイメージで^^)と答えたら
こうなって出てきました(笑)。

しっかり血抜きをした後、オイル煮にして
それをフードプロセッサーでペースト状にしてあります。

これをガーリックトーストにのっけて食べたんですが
もう最高でした!

ローズマリーがきいてます。
臭み一切ナッシング。

この味をどう表現したらいいのかわかりませんが
もう神がかってました!(笑)

それからこれも

180403180403(8).jpg

カレー風味のサバ チーズパイ

カレー粉を加えた牛乳に漬け込んだ一口大のサバの切り身と
シュレッドチーズをパイ生地で包みチーズをトッピングしてオーブンへ。

サバ独特のパサつき全然なし!
もう、滅茶苦茶美味かった!

なんだったんだろ、これ?

形的にはまだ幼さの残る幼児体型だったのよ、このサバ。

わかります?

完全に大きくなる寸前って感じ。

だからあんまり期待してなかったんですが・・・
すまぬ、サバさん 見くびってました^^

実はこれ、〆サバの予定で塩をしていたのですが
奥さんがパイ生地を冷凍庫で発見して
急遽予定変更した1品でした~。

180403180403(9).jpg

さて次の日は

180403180403(10).jpg

180403180403(11).jpg

クロムツの清蒸。

ネギと生姜を敷いたお皿に軽く塩をしたクロムツを乗せ
甘露油膏 紹興酒 オイスターソース 豆豉を合わせたタレをかけ蒸し器に。

蒸し上がったらタレだけ別にして少し煮詰め魚にかけネギをトッピングして
熱した油を回しかけ完成。

美味いよね~ 絶対美味いやつです。

軽く火の通ったネギと一緒にいただく
クロムツさんは最高!

この魚、脂がのっててパサつかないのがいいよね。
味もしっかり染みてました。

180403180403(12).jpg

ヨロリのアラのマリネ焼き。

ヨロリってね、変なとこに骨が入ってるくせに
背骨のとこの上下の骨は
ちょっとヒョロヒョロした情けない骨なのよ。

だから食べやすいし大きさの割に身も残ってるんです。

180403180403(13).jpg

船場汁。

180403180403(14).jpg

ヨロリのアラの塩焼き。

180403180403(15).jpg

ヨロリの落とし。

梅肉でいただきました。

180403180403(16).jpg

皮の方を骨切してるのと
身質の関係でハモみたいにフワッとはしませんが
これはこれで有りだと思う。

180403180403(17).jpg

ごちそうさまでした~

今回も奥さん、頑張って料理してくれました~

美味しかった~!

さて、料理は美味しかったけど
食べたかった本命のキンメダイが釣れなかったので
来週リベンジです。

釣れるかなぁ~ 釣れるといいなぁ~


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



タラ イカ お料理編~♪



さてさてお料理編ですが
まずはこの前のイカメタルで釣った
活かして持って帰ったヤリイカさんが
どうなったかというと・・・

180128180128(18).jpg

海水から出したとこね。
当然めっちゃ元気。

180128180128(19).jpg

まぁ凄い!
思いっきり透けて見えてるし

180128180128(20).jpg

縦に包丁を入れてから
横に切ってるんですが
包丁が当たった瞬間に身が動くんで
刃が深く入り過ぎちゃうという
なかなか体験できないことをしながら

180128180128(21).jpg

こんな感じでしょうか。

180128180128(22).jpg

疲れて半分寝かけてるにしたら
まぁまぁの出来?(笑)

緑のアイシャドーが綺麗です。

お味の方は
甘味ではやっぱりケンサキですかね^^。

大きいっていうのもあったんですが
やっぱりヤリイカは硬いし。

ケンサキを船の上で捌いて食べた時は
パリパリ感があって甘みもって感じでしたので。

でも一度生きたまま持って帰ったのを
食べてみたかったので満足でした。

ということで
次は順番にタラちゃんから

180128180128(1).jpg

180128180128(2).jpg

タラのカルパッチョ~。

吸水シートに挟み一晩置いたタラを刺身大にカットして
白板昆布で昆布〆にしてあります。
それをカルパッチョ仕立てに。

好みもあると思いますが普通の昆布で昆布〆にすると
昆布の風味が強過ぎるので白板昆布を使ってます。

仕上げに甘口の薄口醤油で和風テイストに。

水っぽい身なんで吸水シートが活躍しますね。

180128180128(3).jpg

タラのアラのマリネ焼き。

塩レモン 塩コショウ にんにく ローズマリー オリーブオイルに漬け込んだ
タラのアラをオーブンへ。

ごっつい骨なんで
結構身が残っちゃいます。

あっ、ちなみにタラって私が捌くお魚さんの中で
1、2を争う捌きにくいお魚。

ヌルヌルがきついのと
丸っこい魚なんでまな板の上で安定しないし
骨がごっついんで身が残る・・・

でもこうやって食べると
無駄もなく美味し~。

ちなみにヌルヌルは
スチールたわしで鱗を取っちゃうと
ちょっとはマシですよ。

180128180128(4).jpg

タラの卵の煮付け。

180128180128(5).jpg

野沢菜のお漬物の煮物。

お魚じゃないですけどね^^。

ブロ友さんのお母様の作られたのが
めちゃくちゃ美味しかったんで
奥さん、チャレンジしてくれてます。

当然野沢菜は
そのブロ友さんに送っていただいた
去年の11月に仕込んだ本物野沢菜のお漬物!

売ってる野沢菜って変に緑色してるでしょ?

特に大阪だとそんなのしか見たことないんですが
これは本物の色!

当然味は推して知るべし!
めちゃくちゃ美味しいんです。

野沢菜のお漬物を中学生の時に向こうで食べて
ずっと食べたかったものが
この歳になって毎年送っていただけるようになるとは。
もうね、本当に幸せ。

chiru さん いつもいつもありがとうございます。

180128180128(6).jpg

タラの肝

蒸した肝を大根おろしで。

どうして魚の肝ってこんなに美味しいんでしょうね。

次はこんなの

180128180128(7).jpg

タラじゃなくシオですけどね。

180128180128(8).jpg

縦に切り目を入れて
横からは斜めに切り目を入れた皮付きのシオの切り身に
軽く塩をし紹興酒を振りかけ暫く置いた後
地瓜粉をまぶしカリッとなるまで揚げて甜辣醤をかけて頂きました。

この食べ方お勧めですよ。

上から掛けてるのは台湾食材ですが
いろいろ他のものでもアレンジできるでしょうね。

180128180128(9).jpg

タラといえばこれ。

180128180128(10).jpg

フィッシュ&チップス~。

180128180128(11).jpg

冷凍庫にストックする前にね
3枚におろした皮付きの身を
吸水シートで一晩脱水してから
皮を剥いで切り身にしてから冷凍しています。

このひと手間ふた手間が大きく味を左右する!^^

付け合わせはポテトウェッジズ グリーンピース
水切りヨーグルトを使ったタルタル。

右の小さいのは白子ね。

白子はね、
上等で美味しいホワイトソースに
衣をつけて揚げてる感じ。

わかる?(笑)

モルトビネガーをこれでもか~ってかけて
食べます(笑)。

180128180128(12).jpg

スープには自家製パンチェッタ入り~!

180128180128(13).jpg

この日は

180128180128(14).jpg

タラの西京味噌漬けに

180128180128(15).jpg

太刀魚のつみれ汁。

身がふわっふわ。

別の日には

180128180128(16).jpg

太刀魚をレモンペッパー 塩で味付けしてから巻き巻き。
オリーブオイルをスプレーしてからオーブンへ。

180128180128(17).jpg

ケンサキネックのペペロンチーノ味。

以前は捨ててたケンサキの
胴体の中の目から上の部分。
肝っぽい味がして美味しいよ。

180128180128(23).jpg

この日は

180128180128(24).jpg

タラアラのマリネ焼き。

あっ ローズマリーは庭で育って
ほぼ木になってるやつね^^。

180128180128(25).jpg

ケンサキの雲丹醤和え

この雲丹醤 美味しかったです。
パスタも作ってくれたんだけど
なかなかいい感じで雲丹ってました(笑)。

180128180128(26).jpg

この日はタラの西京味噌漬けと

180128180128(27).jpg

これこれ

冬にぴったりのあったまる一品。

タラの白子入りあんかけ茶わん蒸し。

美味しいよ~。

180128180128(28).jpg

あとこちら。

スルメイカのゲソとエンペラの紅麹焼き。

『孤独のグルメ』の五郎さんが
台湾編で食べてた「紅糟排骨」。
それを再現するのに
奥さんがネットで探して買った紅麹(ペースト状の)。

その後、台湾に行った時に「紅糟」っていうのを
買ってきてたんですが
それもなくなってきたんで
ネットで探すも以前あったのがどこにもなし・・・。

でも奥さん、画像検索で出てきた紅糟の瓶の写真に
横浜の中華街のお店の名前を発見!
業者さんメインで小売りもやってるお店だったみたい。
でも商品の一覧にはこの紅糟はなかったんですが
そこに問い合わせをしたら
自家製のがあるということで
この「紅糟」をやっと手に入れました。

よく探したことって感じです^^。
もうこうなったら女の意地です!
奥さん Good Job!!

発酵させるもんなんで
温度管理とか保存とかが大変なのかな?
まぁ紅麹っていっても一般的じゃないからなのかな?
台湾だと普通に売ってるんですけどね。

サプリなんかは日本でもあるんですけど・・・。

でもこれ、美味しいよ~。
独特の風味があって。
機会があったら一度お試しを^^


ということで今回はここまで。

今週末はフィッシングショー大阪

ほんとは土曜に行きたいんですが
今度の土曜はお仕事・・・

日曜の午前中って感じで行こうかなって
思ってるんですが
イマイチ体調がすっきりしないんで
まだ前売り券買ってないし^^。

奥さんはやっぱり体調悪くなる
(毎回風邪ひいて難儀したんですよね~)
のが嫌なんで自宅待機^^

行くとしたら私一人で。

う~ん 悩むところだ・・・(笑)



ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村




お料理 特別編~♪



23日、タチウオも悪天候中止になりましたaki.t.です・・・。

釣り行きたい病MAX・・・。

そんな時に、三重県は紀伊長島 和栄丸さんが
お魚の直送便を始められたということで。

基本は旬のお魚セットということなのですが
今はカツオ漁に出られてるということで
野呂船長の釣られたカツオを送っていただけると聞き
リアクションバイト!(笑)

ケンケンで釣って血抜きまでしてあると。

カツオって1本釣り(船長はハネ釣りって言われます)のイメージですが
あれってどうしても魚の取り込み方で
ダメージがある場合も出て来るそうで。

上げる時に船体にぶつかって
内出血を起こしたりする場合もあるそうですね。

その点、ケンケンだと大事に扱えるということで
商品価値も変わって来るそうです。

そのケンケン鰹ですよ~。
それも野呂船長の釣られた戻り鰹ですよ~。

もう旨いに決まってる!

171128(1).jpg

これですこれ!
写真を撮るのに氷の中から出してますが
しっかりと氷で包まれて送っていただいてます。

それに1匹ずつ厚手のビニール袋に入れて
水に触れないようにしっかりと口を止めてあるという
丁寧さ。

尾っぽのとこを輪ゴムでとめて
テープでしっかりと巻いてくれてます。

171128(2).jpg

どやさ!この色!!

171128(3).jpg

この綺麗なブルー わかります?

171128(4).jpg

私が捌いても見割れせず!

金曜日にお願いしたのですが
早く食べてみたかったので
日曜の漁の分を送っていただきました。

仕事から帰ってから捌いて
奥さんにバトンタッチ。

171128(5).jpg

こんな風になりました!

171128(6).jpg

まずはド定番
カツオのたたき~

171128(7).jpg

アラとハラモの塩麹&トレハロース漬け焼き~

初めて自分でさばいたハラモの部分を食べましたが
もうね、滅茶苦茶美味しいの。

漬けた時間は短かったのですが
しっかりと漬かってて美味しかった~

市販のとは全然違いましたよ。

市販の加工したのも美味しいけどね。

171128(8).jpg

刺身だ、刺身だ^^

171128(9).jpg

もうね、モチモチ。

171128(10).jpg

刺身 with マヨネーズ。

マヨネーズって結構合うのよね~。

171128(11).jpg

カツオの生レバー風。

血合いの部分を削ぎ落したので
それをゴマ油と塩で味付け~。

新鮮でないとできんよね。

171128(12).jpg

山かけ~

171128(13).jpg

月曜の晩から
なんちゅう贅沢な^^

171128(14).jpg

はっきり言ってカツオの認識変わりました!

もしかしたらお店で
カツオの刺身やらタタキを頼めなくなっちゃったかも。

臭み一切なし!全然なし!全くなし!(笑)

うちの奥さんってね、苦手な味に超敏感というか
超敏感だから苦手なのか
苦い、酸っぱいとか、ちょっとびっくりするような
感覚を持ってるんですよ。

私からすると「え~!?全然苦くないし」っていうようなことが
多々あります。

そんな奥さん、実は魚の臭さにも敏感なんです。

例えば青魚くさいとか
マグロの血の臭さとか。
白身魚臭いとまで言って食べない魚もあるぐらい。

だからそういう魚の、
特に刺身はあまり得意じゃないというか・・・。
私と一緒になるまではほとんど
食べなかった魚も多かったんですよ。

その奥さんが美味しい美味しいって
めっちゃ食べてました^^

全然臭くないって。

ちなみにカツオのタタキとか刺身って
今まで食べたことなかったそうです、臭いだろうから(笑)

カツオってグループでいえば
臭いグループですよね、どっちかっていうと。

だからワサビじゃなく生姜だし
タタキにニンニクとか使うし。

でもね、そういうにおいが丸っきりないんです。

もうほんと、びっくりというか
感動もんですよ、このカツオ。

物の良さと、処理の良さでここまでなるんやって感じ。

しっかり血抜きしてもらってるんで
血生臭さなんて皆無です。

今まで食べてたカツオって何だったんでしょうか?

171128(15).jpg

っでこんなもんまで仕込んじゃってます。

胃と腸、肝なんかで酒盗・・・(笑)

うまくできることを願って
ちょっと熟成してもらいます^^。

でね、こんなに美味しいのをいただいちゃったんで
来年は私への誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントその他
全部ひっくるめてカツオのケンケン漁
チャーターしてくれるそうです(笑)

もちろん和栄丸さんね。
今年、何回か出られてましたね。

今度、時期とかいろんなこと相談してみよっと。

夏にいただいたアジといい(その時の記事は→こちら
このカツオといい
野呂船長恐るべし!

来年の目標ができました!
来年は両方とも自分で釣っちゃうよ~。

野呂船長 よろしくお願い致します。

ということでとっても幸せな
ケンケン鰹便でした~。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村






ちょっと前のお料理編~♪



さてさて、お料理編のアップが
ちょっと遅くなっちゃいましたが^^

まぁこれだけ悪天候中止が続くとねぇ~

先週も日本海でタラの予定が・・・

12月になると出れる日が少なくなるから
11月に、と思って予約してたんですが
その11月がアウトとは・・・

今度は23日にタチウオで
タラちゃんは12月に予約入れさせていただきました。

さて、今回は前々回の徳島での釣果を中心に

171118(2).jpg

チルド室で寝かせてあったシオさんを
会社から帰ってきてから捌きました。

その後、奥さんが料理してくれてます。

171118(3).jpg

一口大にカットし、スイートチリソース ナンプラー シラチャ 酒 トレハロースに
漬け込んだハマチに地瓜粉をつけて揚げ、水菜 人参 大根のサラダの上にON。

パサつきがちなハマチですがトレハロース効果でしっとり。

171118(4).jpg

シオのカマ 塩焼きです。

シオは美味しいね~

171118(5).jpg

シオのアラのお吸い物

171118(6).jpg

シオのカルパッチョ~
仕上げにちょっとだけ隠し味の甘口の薄口醤油をかけてます。

171118(7).jpg

シオのお刺身~

171118(8).jpg

171118(9).jpg

別の日には

171118(10).jpg

シオのピカタ。

卵液はペコリーノ フェンネル コショウ入り。
臭みも無いしふわっとした身が美味しいです。

ハマチだとこうはいかないのよね~

171118(11).jpg

これこれ
青物の数が釣れた時には必ずと言っていいほど作るやつ

シオ&ハマチの胃袋 肝 心臓のトリッパ風。

一晩血抜きしてから下茹でした魚の肝や胃袋と
カネロニビーンズを香味野菜と一緒に
トマトペーストで煮込みトリッパ風に仕上げてます。

シラチャとチリパウダーでちょっとピリ辛。
これがなかなかの美味。

うちの奥さんのオリジナル料理。

大好きなんですよ~これ。

魚の肝って美味しいんですが
まぁ普通は使えないですよね~。

釣り人の特権みたいな1品。

船上での血抜きはかかせません!

171118(12).jpg

湯引きシオのサラダ仕立て。

薄造りにしたシオの刺身を熱湯にくぐらせた後、
氷水で冷やし水気を取り
水菜 大根 人参 白髪ねぎと一緒に盛り付け
大根おろしととびこをトッピング。

青シソドレッシング ポン酢 オリーブオイルをかけて頂きました。
半生のシオが甘くて美味しかった~

171118(13).jpg

シオの刺身ですね。
熟成具合がいい感じ。

171118(14).jpg

これですよ~ これ

171118(15).jpg

〆の1品
シオ茶漬け~♪

醤油 出汁 煮切りみりん 摺りゴマ ネギ 生姜に漬け込んだシオの刺身と
熱々の出し汁のコラボ~

もうね、たまらんよ。

以前はね、刺身に熱い出汁なんてって思ってたんですよ。
絶対生臭いって。

だから敬遠してたんですが
マダイでやってみてこれいけるじゃん!ってなって

シオでもやってみたら大正解でした~


ところで皆さん
ハマチとかメジロとか釣れたらどうしてます?

まぁ最初は刺身とか
その日のうちならしゃぶしゃぶも食感が面白くて
いいですね。

でもね、刺身ばっかりもあきてくるし
火を通した料理ってなると
どんなもんですか?

塩焼き?ブリ大根的な煮付け?

たまには塩焼きもいいんですが
飽きちゃうし。っていうかパサつきますよね。
特にハマチ、メジロは。
ブリになるとだいぶマシですが
早々釣れないし^^

それからブリ大根は夫婦してダメダメ。
もうこれは何を言われてもだめなもんはダメ!(笑)

ということで奥さん
いろいろ考えてやってくれてます。

上の料理は釣ってきて冷蔵庫で保管してたもの。

これから下のは冷凍のストックを使ったお料理なんですが
かなり処理をした状態で冷凍してあります。

171118(1).jpg

例えばこれは、塩コショウ 塩レモン にんにく
オリーブオイル ローズマリーでマリネしたハマチさん。

171118(18).jpg

そしてこうなります。

171118(19).jpg

ハマチマリネのムニエル~
付け合わせはマッシュポテトとマッシュグリーンピース~

171118(16).jpg

こちらは

171118(17).jpg

ハマチの西京味噌漬け~

切り身にしたハマチに塩をしてしばらく置いた後
出てきた水分を拭きキッチンペーパーで包み
西京味噌 出汁 みりん トレハロース 薄口醤油で作った味噌タレを塗って
冷蔵庫で数日置いてから一個づつラップに包み冷凍庫へ。

こうしておくと必要な分だけ解凍してキッチンペーパーを剥がすだけで
焼けるので楽チンです。

ほら、直接味噌をつけてると
焼いた時に焦げたりするでしょ。
味も入り過ぎたりするし。

洗っちゃうのも何だし・・・

ということで、キッチンペーパーの
紙じゃないやつでくるんでます。

171118(20).jpg

これはね

171118(21).jpg

シオのマッシュポテト&チーズ包みのパン粉焼き。

シオはハマチに比べたら数段パサつかないし
身の質も違うんだけど
青物という括りではあるので
こういうのもとっても合いますね。

観音開きにした切り身のシオでマッシュポテトとチェダーを包み
ペコリーノ フェンネル コショウ オリーブオイルを混ぜ込んだパン粉をまぶしてから
オーブンへ。

中身トロっ、シオの身はフワッで溶け出たチェダーとパン粉が
カリッとクリスピー。美味しかったです^^。

171118(22).jpg

こんなのも

171118(23).jpg

ハマチのノンフライチーズかつ。

チェダーを挟みパン粉をつけたハマチにオリーブオイルをスプレーして
オーブンへ。

これはね、チーズを挟んでパン粉をつけた状態で
冷凍してあるんです。

そしたら使いやすいし
何といっても切り身を解凍してから
調理するより断然美味しいと思うから。

釣りから帰って疲れた体に鞭打って^^
そこまで頑張って処理してくれてます。

171118(24).jpg

こっちは

171118(25).jpg

シオのマリネのソテーです。

美味しそうでしょ?美味しいんです!!^^

171118(28).jpg

それからこういうのも

171118(29).jpg

シオの味噌ムニエル。

西京味噌漬けにしていたシオの皮と骨を取り除き
お刺身大にカットし粉をつけてソテーしてあります。

それに生姜入りの味噌ダレをかけて
湯がいた小松菜を添えました。

171118(30).jpg

これはね、
軽く下味をつけたハマチ チーズ マヨネーズを
春巻きの皮で包みオリーブオイルをスプレーしてオーブンへ。

ハマチもチーズとかマヨネーズを足してやると
パサつかなくていいよね。

ほら~パサつきがちな青物でも
こうやったら美味しそうでしょ?

美味しいんです!!(笑)

でも今回のハマチ
なかなかアタリでしたね。
徳島のハマチって美味しいのかな?

次は番外編

171118(26).jpg

春先に1回で1,000匹以上釣ったカタクチイワシ。

171118(27).jpg

その酢漬けの卯の花和え。

乾煎りして、出汁 みりん 薄口醤油で味付けした卯の花で
酢漬けにしていた小イワシ(カタクチイワシ)を和えてあります。

この卯の花和え、〆サババージョンも美味しかったですよ~

-60℃の冷凍庫のおかげで
半年以上経っててもこんな風にして
食べることができるんですよね。

他の魚も同様
賞味期限は気にしなくていいので
いかに美味しくお魚をいただくか
奥さん、これに全力投球してくれてます。

ありがとうね~



ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



プロフィール

aki.t.

Author:aki.t.
行きたい釣りが多すぎて 困ってしまう今日この頃・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トータルの訪問者数

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR