FC2ブログ

今季初戦のイカメタル お料理編~♪


前回書いたように
朝起きたら奥さんが先に起きてイカの処理をやってくれてたんですが
それと同時進行でランチのイカ尽くしの用意をしてくれてました。

奥さん 相変わらず仕事が早い

200703(1).jpg

200703(2).jpg

まずはイカっぽくないのから^^

剣先ミートソースのミッレリーゲ

パッと見た目、変わった形のパスタに
ミートソースがかかってるだけで
イカどこ?って思うでしょ?

200703(3).jpg

実はこれ ノンミート。
お肉の代わりに剣先イカ・・・まぁ何と贅沢!

今回多かったヤクルトサイズの剣先の皮を剥いて
フードプロセッサーでミンチ状にして
炒めたエシャロット セロリ 人参と合わせ赤ワイン トマト缶を投入。
ミートソースと同じ様にして作った剣先ミートソースです^^

200703(4).jpg

剣先のカリフラワーライスサラダ。

カリフラワーライスにマヨネーズ レモンペッパー パプリカ チャイブ ケッパーを加え
ボイルした剣先に詰めてからカットしました。

200703(5).jpg

過去にキヌアやご飯を詰めたのはありましたが
今回はカリフラワーライスバージョン。

柔らかくて美味しかったですよ~

200703(6).jpg

剣先イカの沖漬け

沖漬けを作る場合、家に帰ってから漬けるのと
船上で生きたままのを漬けるバージョンとがありますが
これは後者パターン。

釣ってすぐに放り込まないといけないのと
イカが、吸った醤油ダレを吹きまくるんで
タッパーの蓋をきっちりしないと激しいことになってしまう欠点があります^^
あと、醤油ダレに墨が混じるので色が変わるというのもあるのですが
なぜ敢えてそうするかというと

200703(7).jpg

剣先イカの煮付け

はい、これはその醤油ダレで作ってます。
イカが吐いた墨入りなので味わい深いです。

当然、沖漬け自体も墨の風味がプラスで美味しいです。

200703(8).jpg

ボイル剣先と胡瓜の中華風。

叩いて塩をしてしばらく置いた胡瓜の水けを絞り
ボイルした剣先を加え醤油 香酢 出汁ラー油
台湾でゲットしたエシャロットオイルで和えてます。

胡瓜と太さが変わらない剣先イカ・・・
どんだけちびっこ・・・^^

200703(9).jpg

200703(10).jpg

次の日は

200703(11).jpg

剣先麻婆。

ミンチにした剣先に鶏ミンチを混ぜて作ったマーボー豆腐です。
台湾でゲットしたラー油と花椒を使って結構スパイシーに仕上がってます。

ここでも剣先のミンチ。
贅沢でスイマセン^^

200703(12).jpg

剣先ネックのから揚げ。

剣先ネックに地瓜粉をつけて揚げ椒鹽粉で味付けしてます。

そう、台湾好きの方ならご存知
夜市のでっかい鶏のから揚げ 雞排の味です^^

200703(13).jpg

剣先刺身のオクラ和え

今季初収穫のおうちオクラでした。

写真に写ってる胡瓜、ズッキーニ、そしてこのオクラと
これからおうち夏野菜が充実してきます。
トマトはもうちょっと先ですね。

200703(14).jpg

この日は

200703(16).jpg

剣先ミートソースと長芋のグラタン。

器に輪切りにしてレンチンし塩コショウした長芋
剣先ミートソース 玉ねぎ入りホワイトソースで
最後にチーズをトッピングしてオーブンへ。

200703(15).jpg

ボイル剣先ゲソと胡瓜のマンゴーチリソース。

マンゴーチリソースでタイ風に^^

タイ料理って甘辛酸っぱいのが多いと思うのですが
まさにその甘辛酸っぱいが瓶に詰められたソース。

結構好きです、コレ。

200703(17).jpg

剣先イカの料理じゃないんですが
台湾好きの方のために^^

鶏モモ肉の紅麹漬け揚げ

紅麹 オイスターソース 紹興酒 生姜 醤油 みりんに付け込んだ鶏もも肉に
地瓜粉をつけて揚げてます。

台湾の市場でもっと赤いから揚げが売ってたりしますが
あれの奥さん風アレンジ。

紅麹独特の風味が美味しいですよ~。

でも瓶入りの紅麹、日本に売ってないのよね~。
前はネットで買えたけど・・・

早く台湾に行きた~い!


ということでまずは初回のイカ尽くしでした。

さて、来週の釣りはどうなりますことやら。
楽しみだぁ~


ランキングに参加しています。ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



遅ればせながら サバとイワシのお料理編~♪


もうね、いつの話?感満載ですね。

なんかバタバタが収まらない感じで・・・

まぁそんなこと言ってても仕方ないんで
お料理編 スタート~

まずは朝から昼過ぎまでの釣りだったのと
和歌山だったのとで
釣りの日にすれば比較的早めの晩御飯。
(魚の処理もほとんどなかったしね・・・)

200413(1).jpg

撃沈前の軽めの晩御飯ということで

200413(2).jpg

まずはイワシのお刺身
マイワシが1匹だけあった(奥さんが釣りました)んで
マイワシとウルメイワシの食べ比べ

左上がマイワシ 右側がウルメイワシで
上のが梅肉和え

200413(3).jpg

いつの間にか出来上がってた
ウルメイワシの梅生姜煮

奥さん、仕事が早いです。

200413(4).jpg

岬丸さんで生ひじきをいただいちゃったんで早速
煮物と

200413(5).jpg

生ひじきにツナ缶 ネギ マヨネーズ。

生ひじき 美味しかったです

200413(6).jpg

次の日の私の朝ごはん

イワシとサバの白子 肝のトマト煮とひじきツナマヨをガーリックトーストにON。
オムレツはゴルゴンゾーラ入りです。

200413(7).jpg

エシャロットとにんにく少々をオリーブオイルで炒めトマト缶を投入。
しばらく煮詰めてから肝と白子を加え塩胡椒 オイスターソース 砂糖 コンソメ顆粒
酒で味を調えてあるそうです。

朝から奥さん Good job!

次はランチ~

うちは休みの日は基本 ランチがメイン

200413(8).jpg

200413(9).jpg

パッと見た目 何かわかりませんが
サバさんです^^

開いて軽く塩胡椒し地瓜粉をつけて低温の油でじっくり揚げたサバに
スイートチリソース ナンプラー オイスターソース 水で作ったタレをかけ
白髪ねぎとパクチーをトッピング。
以前アジで作ってくれた分のサババージョン。

これ、めっちゃ好きです。

200413(10).jpg

イワシのつみれ汁。

イワシ料理の定番。

200413(11).jpg

イワシとサバの卵の煮付け。

200413(12).jpg

サバのカマやら中骨を塩麹とみりんに漬け込んだもの。
チマチマ食べます^^

200413(13).jpg

耐熱皿にサバとイワシの肝と白子のトマト煮を入れ
チーズをトッピングしてオーブンへ

200413(14).jpg

次の日の晩御飯~

200413(15).jpg

200413(16).jpg

炙り〆サバ

アニサキス対策で-60℃の冷凍庫で24時間

滅茶苦茶美味しかったです。

サバ釣りって手返し勝負なんで
釣れた時になかなか手をかけれないんですが
今回はしっかり脳天締めからの血抜き、神経抜きもできました^^
3枚に下ろした時にも
全然身割れしない抜群のサバさんでした。

冷凍してても、これ本当に冷凍したの?
っていう食感。

200413(17).jpg

イワシのトマト南蛮。

開いて軽く塩胡椒、粉を付け揚げたイワシを
トマト缶 玉ねぎ 人参 セロリ フェンネル タイム入りの甘酢に漬け込み
盛り付ける時にフレッシュトマトも。

200413(18).jpg

たくさん作ってくれてまして
残りはストック。

200413(19).jpg

炙り〆サバにバジル ネギ 塩胡椒 レモン果汁 オリーブオイル~。

こういうのも美味しいよ~


釣果は・・・でしたが
サバはマサバばっかりで脂ものってたし
イワシもとっても美味しかったです。

来年はたくさん釣れてくれますように。
久々にスモーク作りたい。


ランキングに参加しています。ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村





最近のお料理編~♪


お料理編も遅くなっちゃまいました~^^

ちょうど今、お仕事がバタバタしてて・・・
っていうのは言い訳ですが^^
本当は12日に和歌山は田辺のシーホースさんで
鯛ラバの予定だったんですが
台風であえなく中止。

これにかけてたんでちょっとショック・・・
っで、だらけておりました。

次は来週にシーホースさんで爆釣中のバチコンアジングですし
その前に0泊3日台湾弾丸ツアーもありますので
サクッと更新。

まずは前回の釣りから帰ってきた日の
晩ごはん。

191016(1).jpg

ハマチが釣れた日の当日によくやるのが
ハマチしゃぶなんですが
今回はツバスしゃぶ^^

191016(2).jpg

ハマチだと食感がキュッキュして
美味しいんですが
ツバスではちょっと無理がありました^^

191016(3).jpg

こちらはその次の日の
サンデーランチです。

メジロ・カンパチは熟成中ですので
ノマセのエサ用に釣ったアジと
肝を使ったお料理。

191016(4).jpg

アジの南蛮漬け。

前日の晩、寝る前に奥さんが仕込んでてくれました。
私は寝てた・・・^^

191016(5).jpg

アジのタタキ

味噌と梅肉バージョン

191016(6).jpg

こちらは醤油と梅肉バージョン

夫婦共にタタキは叩きすぎないで
細かくカットしたのが好みなんでこんな感じ

191016(7).jpg

お魚レバーパテ。

一晩血抜きした魚の肝をローリエ 粒黒こしょう タイムを入れた牛乳で煮立たせない位の
火力で火を通し冷めるまで放置。

それをマスカルポーネ 牛乳少々と一緒にフープロにかけ
塩コショウ 刻んだケッパーとチャイブ。

191016(8).jpg

すべて釣れたらすぐに血抜きをして
神経締めもしてあるので
いつもながらとっても美味しかったです。

ちなみに心臓はお犬様のおやつになりました^^

191016(9).jpg

その次の日もお休みだったので
休日ランチです。

191016(10).jpg

へら寿司風。

高知の郷土料理。
エギパラの谷泰介さんの回で紹介されてました。

すし飯は柚子果汁を使い甘めに作ったすし酢に
ゴマと摺り下ろした柚子の皮入りです。

柚子は今年も大量に実ってる
おうち柚子です。

右がメジロ、左がカンパチ。どちらも腹身を使ってます。

191016(11).jpg

美味しいよ~

191016(12).jpg

お刺身。

右がメジロ、左がカンパチです。

同じ青物でも全然色が違いますね~。

191016(13).jpg

メジロのカマの塩焼き

191016(14).jpg

カンパチの摺りゴマ入りなます

191016(15).jpg

カンパチのカマの塩焼き

やっぱりカンパチ美味しいです。

191016(16).jpg

その次の日は

191016(17).jpg

カンパチのアラマリネ。

塩レモン にんにく ローズマリー 塩コショウ オリーブオイルで漬け込んだカンパチの
アラをオーブンへ

これは脂も良くのってましたが
ちょっとパサつき気味の身でも
これだとしっとりするんでおすすめのメニューです。

ローズマリーがいい仕事してくれます。

191016(18).jpg

カンパチ漬け。

カンパチのお刺身を吸水シートで少しだけ脱水した後
摺りゴマ 練りゴマ ラー油 煮切り酒を加えた醤油に漬け込んでます。

我が家、奥さんの実家の九州の甘めの醤油を使っているので
みりんは入れてません。

これを使って

191016(19).jpg

カンパチの鯛茶漬け風。

以前は冷たいお刺身に熱いお出汁をかけて食べるなんて
生臭そうで絶対無理!とか思ってたんですが
これ、めちゃくちゃ美味しいですよね~

買ったお魚ではやりませんけどね。
っていうか、我が家お魚はほとんど買いませんけどね^^

あっ自分達ではで釣れないお魚は買いますよ。

191016(20).jpg

この日は

191016(21).jpg

カンパチの西京味噌漬け

191016(22).jpg

お魚の胃袋の土手焼き風。

綺麗に掃除してボイルした魚の胃袋を味噌煮にしました。
コチュジャンも入れてちょいピリ辛です。

先程の肝といい、この胃袋といい
新鮮さが勝負の釣り人料理ですね。

釣ってすぐの船の上での処理と
帰ってきて捌いてからの処理をちゃんとしないと
悲惨なことになるでしょうが・・・

191016(23).jpg

剣先三種盛り~

191016(24).jpg

梅肉おかか

191016(25).jpg

塩とごま油

海苔は必須^^

191016(26).jpg

オクラ

どれも美味しい~

さて別の日には

191016(27).jpg

カンパチの生ハム風や

191016(28).jpg

イカチチポン酢。

ボイルして冷凍していたイカチチ(抱卵腺)です。

191016(29).jpg

この日は

191016(30).jpg

カンパチチーズフライ。

中にチェダーが挟んであります

パン粉をつけた状態で冷凍してるので
手間も省けるし美味しいです。
仕込むのは大変ですが・・・

あっ全部奥さんが作ってくれてますが^^

191016(31).jpg

ボイル剣先のエスニックソースかけ

ソースはこんなので作ってます。

191016(32).jpg

まぁ、いろんな調味料がある我が家^^

191016(33).jpg

これはカンパチの生ハム風とシャインマスカットのカルパッチョ。

しっかり塩味のカンパチと甘みの強いマスカットにレモン果汁とオリーブオイル

まぁ何と贅沢な^^

シャインマスカットはいただきものです^^

191016(34).jpg

別の日には

191016(35).jpg

アジのムニエル マッシュポテト添え

ひとつ前の全体写真の奥側に見えるのは
パクチーまみれの剣先ゲソです^^

191016(36).jpg

この日は

191016(37).jpg

カンパチのアラのマリネ

冷凍庫のスペースを少しでも確保するために
最初に食べられない部分は
極力落としてありますのでこんな形^^

191016(38).jpg

鰺の生ハム風とザワークラウトにオリーブオイル~

こんな料理も

191016(39).jpg

鯖天。

オイスターソース 生姜 花椒 紹興酒に漬け込んだ鯖の切り身に薄力粉 タピオカ粉
卵白 重曹で作った衣をつけて揚げてます。

鯖も衣もふわっふわです。

191016(40).jpg

イカチチのアヒージ

もうワインがすすんじゃうね^^

191016(41).jpg

剣先の沖漬け。

手前は墨和えにしてあります。

191016(42).jpg

こんな感じの日も

ということでカンパチその他のお料理編でした~


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



アジとイカのお料理編~♪


ちょっとたまっちゃったお料理編。

それでは一気に行きま~す。

まずはアジから

190725(1).jpg

190725(2).jpg

アジを漬けにして酢飯にトッピングしてあります。

190725(3).jpg

アジのマスタード風味オーブン焼き。

アジに切れ目を入れ塩胡椒 粒マスタード にんにく レモンペッパー
オリーブオイルでマリネしてオーブンへ。

190725(4).jpg

身がふわっふわで美味しいよ~

190725(5).jpg

アジの南蛮漬け。

ハーブ入り白ワインビネガーにノンケミレモン ケッパーと洋風バージョン。

小アジじゃなく尺アジで作るとこがいいね~

190725(6).jpg

お隣で釣られてた方にいただいたサバで作った
〆鯖~

たまたまこの後のイカメタルでもご一緒させていただきまして
〆鯖にしたら美味しいですよって言ってたら
ご自分でも作られたそうです^^。

190725(7).jpg

カレー味 黒ムツのから揚げ。

私が釣ったチビムツちゃんです。
結構これがヒット^^

190725(8).jpg

別の日には

190725(9).jpg

アジの生ハム風。

チャイブを散らしオリーブオイルをかけて頂きました。

190725(10).jpg

焼き〆鯖~

190725(11).jpg

三枚におろしたアジのアラに塩をして
焼き身を外して大葉 冥加 ゴマと一緒に
ご飯に混ぜ込んでます。

190725(12).jpg

奥さん ちまちまとほぐしてくれました^^

どれぐらいの量があるかというと

190725(13).jpg

我が家の大きさ比較担当 CHICAさん登場^^

前回は骨に残った身はスプーンでこそげ取って
アジバーグになったんですが
同じことやるのも何なんでということで・・・
あまりにちまちました作業で
途中で後悔したはず^^

アジのサイズがでかいんで
こういうのは結構大量になりますね~^^

190725(14).jpg

これ、魚がほとんど見えてませんが^^
丸ままのアジに切れ目を入れ酒と醤油で軽く下味。
それに地瓜粉をつけしっかり目に揚げて
醤油 オイスターソース 豆板醤 砂糖 紹興酒で
煮込んだズッキーニとトマトをかけてパクチーを散してます。

紹興酒がいい感じでしたよ~

190725(15).jpg

この日は

190725(16).jpg

でかアジフライ~^^

自分で作らないとまず市販では
ありえないサイズ(笑)

これがまた身がフワッフワで美味しいのよ~。
たまらん身の厚みですよ。

190725(17).jpg

この日は

190725(18).jpg

アジのムニエル バター醤油。

バターと醤油って相性いいですよね。
干しズッキーニのソテーも美味しかったです。

おうちズッキーニを干していただいたんですが
食感がなかなかよろしい^^

190725(19).jpg

別の日には

190725(20).jpg

キヌア詰め剣先のトマトクリーム煮~

炊飯器で炊いたキヌアにマヨネーズとパセリのみじん切りを加え
イカに詰めてトマトソースで煮込みました。

仕上がり直前に生クリームを加え盛り付け間引いた人参葉をトッピング~。

こういうのをケンサキイカでやっちゃう贅沢^^

190725(21).jpg

ケンサキ ネックの地瓜粉揚げ

以前にも書いたことがあるんですが
皆さん、イカの胴体の中にある
目の上の部分 私達はネックって呼んでるんですが
どうされてます?

釣りビジョンの『イカ魂』で
せりかちゃんがここの部分の刺身を食べて
今まで捨ててもったいないことした~って言ってましたが
やっぱり捨てられることも多いのでは?

私達も以前は捨ててたんですが
ここ、美味しいんですよね。

ケンサキだと綺麗に墨袋を取った後
ちょっと肝の部分が身に残るんで
それがなかなか良いお味!

190725(22).jpg

台湾で買ってきたこんなスパイス
(台湾好きの方はよくご存じの
超でっかい鶏のから揚げに使われてるやつ)
で味付けしてます。

190725(23).jpg

沖漬けはスルメイカなんで一度冷凍してます。
アニサキッちゃんが怖いですからね~。

190725(24).jpg

イカの刺身にオクラ、卵黄
ネックの揚げ物で白身だけ使ってたので
残った卵黄をここで^^。

190725(25).jpg

ケンサキのゲソと胡瓜の中華炒め。

千切り生姜に豆板醤 紹興酒 顆粒チキンスープ オイスターソース
胡瓜は発見が遅れて巨大化したおうち胡瓜^^

190725(26).jpg

第二福祥丸の時の釣果。

綺麗に持ち帰れるようにザルに並べてるんですが
計9枚分^^ 

さすがに170杯超は迫力があります^^

190725(27).jpg

沖漬けのスルメ1 ムギ5 ケンサキ1

スルメはエギに掛かっているケンサキに喰らい着いて
上がってきました。
この時、スッテにもケンサキがかかってたので
2本針でトリプル!

初めての体験^^

スルメは針掛かりしてなかったんですが
よく落ちなかったもんだ。

でもやっぱりスルメって怖い~^^

190725(28).jpg

柴山から帰って道具の片づけをして
仮眠してからイカの処理。
その後の晩御飯です。

190725(29).jpg

まずは定番の天ぷら。

ゲソ 冥加 インゲン コーン。

天ぷらは私担当。
ゲソ、油が跳ねます。熱いです^^

190725(30).jpg

胴の中にゲソを詰めて極薄味で炊いたケンサキ。
ワサビ醤油で頂きました。

190725(31).jpg

帰る途中のSAで買った焼き鯖寿司~

これ結構 好きなんです^^

190725(32).jpg

ケンサキのたたき。

冥加 生姜 大葉を入れ味噌で味付けしています。

190725(33).jpg

お刺身

190725(34).jpg

ケンサキの沖漬け

190725(35).jpg

この日は

190725(36).jpg

ケンサキバーグ。

ケンサキをミンチにして鶏ミンチ 玉ねぎ パン粉 卵 チャイブ 塩こしょう。
スイートチリソースをかけて頂きました。

アジバーグもそうですが
奥さんの作ってくれるのは食感が最高!

あと変な臭みも全然ナッシング!

ミンチ系のものって何か臭さがあるの
ないですか?
あれ、嫌なんですよね~。

そういうのも皆無です!

美味しいよ~。

190725(37).jpg

この日は

190725(38).jpg

これ

なんだと思われます?

下に何が隠れてるのか見えなかったんですが
これはケンサキミンチの餡かけ豆腐。

鶏ミンチをみじんにした生姜 長ネギ 少量の豆板醤と一緒によく炒め甘めの出汁を
加え沸騰してきたらミンチにしたケンサキを投入。

ケンサキに火が通ったらタピオカ粉でとろみをつけて
温めて器に盛りつけた絹ごし豆腐の上にかけ
小口にしたネギと糸唐辛子をトッピング~

これ、抜群に上手かったです!

190725(39).jpg

この日もイカがいっぱい^^

190725(40).jpg

イカ焼売

デカいし^^

ケンサキ ホタテ 玉ねぎ 卵白 ラード 生姜 塩 紹興酒 タピオカ粉。

これまたフワフワなのよ。
美味しいのよ。

190725(41).jpg

長芋饅頭のケンサキミンチ餡かけ。

豆腐にかかってたのが残ってたのでリメイク。

長芋饅頭がもっちもちで美味しかった~。

190725(42).jpg

ケンサキと大根の炊いたん。

これストックおかずです。
ジップロックで小分けにされて
冷凍庫の中に収まってます。

190725(43).jpg

別の日にはこんなのも。

ケンサキのゲソをオリーブオイルににんにく少々で炒め
宮崎のご当地スパイスマキシマムで味付けし
お皿に移してからカットしたパクチーと合わせてます。

イカとパクチーって合うよね~

他の日には

190725(44).jpg


ケンサキリングフライ。

パン粉にはタイムやイタリアンパセリ等数種のドライハーブ 塩胡椒 ペコリーノ
地瓜粉を混ぜ込んであるのでしっかり味付き。
レモンを絞るだけで美味しく頂けました。

ペコリーノがいい味出してくれてます。

後、地瓜粉でカリっと揚がるので
一味違ったフライになるんですよ~。

190725(45).jpg

トッピングは間引きしたカラー人参の素揚げ^^


この他にもイカって使い勝手がいいから
いろんなところで登場してます。

ちゃんと処理をして小分けに冷凍しておくと
とっても便利。

それに-60℃の冷凍庫があるんで
さらに便利^^

1年ぐらいは平気でストックできちゃうので。

私達はこの冷凍庫なしではやっていけない!(笑)

皆さんもどうですか?
場所を取るのと、音がするのが玉にキズ^^


さて今週末も、第二福祥丸さんでイカメタル。

先週は月夜まわりの影響もあったかもですが
当日はどうなりますことやら。

頑張ってきます!



ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



バチコンアジング お料理編~♪



はい、お料理編です。

神経締めまでしてあります。
さてどうなったでしょうか?

3時頃だったかな?帰ってきて取り敢えずは下処理をしてからの
朝ごはん?晩ごはん?を食べて仮眠。

それから加工(私が寝てる間に奥さんがだいぶしてくれてた)もしながらの
ランチの準備。

190525(1).jpg

190525(2).jpg

まずはお刺身3種盛。

190525(3).jpg

アジに

190525(4).jpg

マダイに

190525(5).jpg

ワニゴチ

実は昼間のお客さんが持って帰れないということで
カンコの中に入れておられたマダイとワニゴチをいただいちゃいました~。
美味しくいただきました~。
ありがとうございました。

190525(6).jpg

アジの剥き身バーグ。

三枚におろしたアジの中骨に残った身を使っています。
味噌 生姜 大葉 ネギ パン粉 マヨネーズ入り。

お刺身は当然なんですが
こういうのも全然臭みがなくて GOOD!

あの~、ここで言う臭みがないって一般的な意味合いとはちょっと違うので注意。
普通は臭みってちょっと古くなってたりとかで使いますよね。
そうじゃなくてなんて言うんだろ?
雑味とかを全部取った感じ?
食べてみないとわからないと思うんですが
あ~アジって元々はこんな味だったんだっていう
発見みたいな。

状態の良いアジ(釣った場所と季節も大事かも)を
一度丁寧に処理して食べてみてください。
次からはやらずにはおれませんよ。

これは紀伊長島の『和栄丸』野呂船長に教えていただいた味ですね。
お土産を持って行った時にいただいたアジと
注文して送っていただいたカツオ。
たまらん美味しさでしたからね。

190525(7).jpg

コチのアラのお吸い物

190525(8).jpg

サバとアジのカマの塩麹漬け。

かなりチマチマといただきました^^。

190525(9).jpg

しめ鯖。

ゴマサバでしたがなかなか美味しかったですよ~。
このサイズになると肉厚で美味しいね。

190525(10).jpg

アジのタタキ。

合わせてあるのは味噌 ごま 大葉 生姜。
夫婦とも細かく叩くよりこれぐらいの方が好き。

190525(11).jpg

アジ サバ マダイ コチの肝 卵 白子の煮付け。

釣り人の特権料理^^

次の日は
 
190525(12).jpg

190525(13).jpg

サバ寿司~

上にも書いてますが
肉厚で食べ応えまんちくりん!
旨し!

190525(14).jpg

アジのアクアパッツァ。

アジ ホタテ 有頭エビ 剣先ゲソ トマト 玉ねぎ セロリ ケッパー オリーブ じゃが芋
ニンニク タイム バジル オリーブオイル

今までアジでは作ったことがなかった料理。

臭みもないからできる1品。

これに入ってるじゃが芋が越冬じゃが芋っていうやつらしいんですが
これが出汁を吸って旨かった~♪

こちらはランチだったので

190525(15).jpg

その日の夜食~。

だいたいお休みの日は
メインがランチになる我が家。

190525(16).jpg

ランチのアクアパッツァを使ったパスタ~

旨いよ たまらんよ

190525(17).jpg

サラダなんですが

ベビーリーフ 発酵玉ねぎ アジの生ハム風。
仕上げに黒コショウとオリーブオイル。

190525(18).jpg

アジでは初めて作りましたが
これまた旨い!

190525(19).jpg

三枚におろして中骨と皮を取り
塩をしたアジを吸水シートで脱水。

190525(20).jpg

何度かシートを変えてしっかり目に脱水してあります。

ええ塩梅です。

190525(21).jpg

別の日には

190525(22).jpg

生ハム風 マダイの押し寿司。

スライスチーズを挟んだハーブ入りの白ワインビネガーで作った酢飯に
生ハム風マダイを乗せて押し寿司に。
オリーブオイルをかけて頂きました。

いいねいいね こういうのも

190525(23).jpg

マダイのアラのマリネ

190525(24).jpg

オリーブオイル ハーブ塩 にんにく ローズマリーに漬け込んだサバの切り身を
耐熱皿に入れオーブンへ。

190525(25).jpg

こんな感じ~

炒めた発酵玉ねぎと一緒にいただきました。

190525(26).jpg

この日は

190525(27).jpg

アジフライ~

贅沢ですね~。35センチクラスのアジの半身そのまま。

切り身で作っても十分な大きさのアジですが
めっちゃ食べ応えあり!

肉厚 ジューシー フワッフワ^^

タルタルは卵 リアルマヨ ディジョンマスタード ケッパー チャイブ パセリ 黒胡椒
それにちょっとだけカレー粉を混ぜています。

190525(28).jpg

別の日には

190525(36).jpg

アジのピカタ。

卵液はペコリーノ入りです。
しっとり柔らかに仕上がりました。

190525(29).jpg

お魚料理じゃないんだけどね

ズッキーニと豚バラの韓国風お味噌汁

おうちズッキーニの収穫が始まったのですよ。

今年は庭のズッキーニさん、なかなか元気です。
家で作るようになってお店で買えなくなったズッキーニ。

だって~買ったやつ苦いんだもん。
でもこれも自分ちで作ってみて初めて分かった味ですけどね。
アジの臭みと共通点がありますね。

190525(30).jpg

みずみずしいんですよ~

190525(31).jpg

マダイの白子の昆布蒸し。

ポン酢をかけて頂きました。

船長さんが丁寧に魚を処理してくれたのでおいし~

190525(32).jpg

また別の日には

190525(33).jpg

マダイソテーと夏野菜のチアン。

一晩おいて味が落ち着いたチアンが美味~。

190525(34).jpg

剣先イカのボイルに

190525(35).jpg

アジの生ハム風 with 発酵玉ねぎ。

仕上げにパセリ 黒こしょう オリーブオイル。
発酵玉ねぎの酸味とアジのしっかり塩味がちょうどいい感じでした。


以上、アジング釣果といただいたお魚さんでした。

あっ、剣先は去年のね。
-60℃の冷凍庫のなせる業^^


次はまた田辺のシーホースさんでバチコンアジングの予定。

前回はバチコンロッドを持っていないので
イカメタルのと、ティップがソリッドの船キス竿でやりまして
キス竿の方は夜釣りでも見やすいように
ティップにエアブラシで色を塗って使いました。
これがなかなか良かったので
今回はティップラン用のロッドにも色を塗っちゃいまして
それも試しに使ってみます。

どっちが使いやすいかな~。

天気 どうなるかなぁ


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



プロフィール

aki.t.

Author:aki.t.
行きたい釣りが多すぎて 困ってしまう今日この頃・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トータルの訪問者数

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR