FC2ブログ

バチコンアジング お料理編~♪



はい、お料理編です。

神経締めまでしてあります。
さてどうなったでしょうか?

3時頃だったかな?帰ってきて取り敢えずは下処理をしてからの
朝ごはん?晩ごはん?を食べて仮眠。

それから加工(私が寝てる間に奥さんがだいぶしてくれてた)もしながらの
ランチの準備。

190525(1).jpg

190525(2).jpg

まずはお刺身3種盛。

190525(3).jpg

アジに

190525(4).jpg

マダイに

190525(5).jpg

ワニゴチ

実は昼間のお客さんが持って帰れないということで
カンコの中に入れておられたマダイとワニゴチをいただいちゃいました~。
美味しくいただきました~。
ありがとうございました。

190525(6).jpg

アジの剥き身バーグ。

三枚におろしたアジの中骨に残った身を使っています。
味噌 生姜 大葉 ネギ パン粉 マヨネーズ入り。

お刺身は当然なんですが
こういうのも全然臭みがなくて GOOD!

あの~、ここで言う臭みがないって一般的な意味合いとはちょっと違うので注意。
普通は臭みってちょっと古くなってたりとかで使いますよね。
そうじゃなくてなんて言うんだろ?
雑味とかを全部取った感じ?
食べてみないとわからないと思うんですが
あ~アジって元々はこんな味だったんだっていう
発見みたいな。

状態の良いアジ(釣った場所と季節も大事かも)を
一度丁寧に処理して食べてみてください。
次からはやらずにはおれませんよ。

これは紀伊長島の『和栄丸』野呂船長に教えていただいた味ですね。
お土産を持って行った時にいただいたアジと
注文して送っていただいたカツオ。
たまらん美味しさでしたからね。

190525(7).jpg

コチのアラのお吸い物

190525(8).jpg

サバとアジのカマの塩麹漬け。

かなりチマチマといただきました^^。

190525(9).jpg

しめ鯖。

ゴマサバでしたがなかなか美味しかったですよ~。
このサイズになると肉厚で美味しいね。

190525(10).jpg

アジのタタキ。

合わせてあるのは味噌 ごま 大葉 生姜。
夫婦とも細かく叩くよりこれぐらいの方が好き。

190525(11).jpg

アジ サバ マダイ コチの肝 卵 白子の煮付け。

釣り人の特権料理^^

次の日は
 
190525(12).jpg

190525(13).jpg

サバ寿司~

上にも書いてますが
肉厚で食べ応えまんちくりん!
旨し!

190525(14).jpg

アジのアクアパッツァ。

アジ ホタテ 有頭エビ 剣先ゲソ トマト 玉ねぎ セロリ ケッパー オリーブ じゃが芋
ニンニク タイム バジル オリーブオイル

今までアジでは作ったことがなかった料理。

臭みもないからできる1品。

これに入ってるじゃが芋が越冬じゃが芋っていうやつらしいんですが
これが出汁を吸って旨かった~♪

こちらはランチだったので

190525(15).jpg

その日の夜食~。

だいたいお休みの日は
メインがランチになる我が家。

190525(16).jpg

ランチのアクアパッツァを使ったパスタ~

旨いよ たまらんよ

190525(17).jpg

サラダなんですが

ベビーリーフ 発酵玉ねぎ アジの生ハム風。
仕上げに黒コショウとオリーブオイル。

190525(18).jpg

アジでは初めて作りましたが
これまた旨い!

190525(19).jpg

三枚におろして中骨と皮を取り
塩をしたアジを吸水シートで脱水。

190525(20).jpg

何度かシートを変えてしっかり目に脱水してあります。

ええ塩梅です。

190525(21).jpg

別の日には

190525(22).jpg

生ハム風 マダイの押し寿司。

スライスチーズを挟んだハーブ入りの白ワインビネガーで作った酢飯に
生ハム風マダイを乗せて押し寿司に。
オリーブオイルをかけて頂きました。

いいねいいね こういうのも

190525(23).jpg

マダイのアラのマリネ

190525(24).jpg

オリーブオイル ハーブ塩 にんにく ローズマリーに漬け込んだサバの切り身を
耐熱皿に入れオーブンへ。

190525(25).jpg

こんな感じ~

炒めた発酵玉ねぎと一緒にいただきました。

190525(26).jpg

この日は

190525(27).jpg

アジフライ~

贅沢ですね~。35センチクラスのアジの半身そのまま。

切り身で作っても十分な大きさのアジですが
めっちゃ食べ応えあり!

肉厚 ジューシー フワッフワ^^

タルタルは卵 リアルマヨ ディジョンマスタード ケッパー チャイブ パセリ 黒胡椒
それにちょっとだけカレー粉を混ぜています。

190525(28).jpg

別の日には

190525(36).jpg

アジのピカタ。

卵液はペコリーノ入りです。
しっとり柔らかに仕上がりました。

190525(29).jpg

お魚料理じゃないんだけどね

ズッキーニと豚バラの韓国風お味噌汁

おうちズッキーニの収穫が始まったのですよ。

今年は庭のズッキーニさん、なかなか元気です。
家で作るようになってお店で買えなくなったズッキーニ。

だって~買ったやつ苦いんだもん。
でもこれも自分ちで作ってみて初めて分かった味ですけどね。
アジの臭みと共通点がありますね。

190525(30).jpg

みずみずしいんですよ~

190525(31).jpg

マダイの白子の昆布蒸し。

ポン酢をかけて頂きました。

船長さんが丁寧に魚を処理してくれたのでおいし~

190525(32).jpg

また別の日には

190525(33).jpg

マダイソテーと夏野菜のチアン。

一晩おいて味が落ち着いたチアンが美味~。

190525(34).jpg

剣先イカのボイルに

190525(35).jpg

アジの生ハム風 with 発酵玉ねぎ。

仕上げにパセリ 黒こしょう オリーブオイル。
発酵玉ねぎの酸味とアジのしっかり塩味がちょうどいい感じでした。


以上、アジング釣果といただいたお魚さんでした。

あっ、剣先は去年のね。
-60℃の冷凍庫のなせる業^^


次はまた田辺のシーホースさんでバチコンアジングの予定。

前回はバチコンロッドを持っていないので
イカメタルのと、ティップがソリッドの船キス竿でやりまして
キス竿の方は夜釣りでも見やすいように
ティップにエアブラシで色を塗って使いました。
これがなかなか良かったので
今回はティップラン用のロッドにも色を塗っちゃいまして
それも試しに使ってみます。

どっちが使いやすいかな~。

天気 どうなるかなぁ


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

タイラバ釣果&小イワシ料理~♪



さてさて、タイラバからカタクチイワシのサビキ釣りが2回と
お料理編がまだでしたので
一気にアップ~♪

まずはタイラバの後
釣りの次の日、日曜日のお昼ですね。

190502190502(1).jpg

190502190502(2).jpg

アオハタのブイヤベース。

玉ねぎ 人参 セロリ フェンネル ドライトマト オリーブにアオハタ ムール貝
ケンサキイカ 有頭海老 ホタテ サフラン 白ワイン イタリアンパセリ。

もうね、たまらん旨さ

190502190502(3).jpg

シーバスのジェノベーゼ和え。

ジェノベーゼソースは自家製のストック。

190502190502(4).jpg

鯛とシーバスの胃袋の湯引き。

あっさりとポン酢で

190502190502(5).jpg

鯛の卵と肝の煮つけ。

冷蔵庫で一晩血抜きをした肝はねっとり、癖もなくて美味!

190502190502(6).jpg

この日は

190502190502(7).jpg

シーバスのパン粉焼き。

吸水シートに挟んで一晩おいたシーバスの切り身にデュカやペコリーノで
しっかり味をつけたパン粉をつけ
オリーブオイル多めのフライパンへ。
両面焼いた後オーブンに入れ火を通しました。

カリッ、フワッ、ジューシ~

190502190502(8).jpg

シーバスのカルパッチョ。

190502190502(9).jpg

別の日には

190502190502(10).jpg

鯛の頭の醤油漬け。

薄口醤油 みりん 酒に付け込んだ鯛の頭に太白ごま油をかけオーブンへ。

190502190502(11).jpg

レンコ鯛の一夜干し。

半身はうちのワンコに進呈^^
残りの半身を吸水シートで一夜干しに。
船長にお伺いした食べ方はレンコが何枚か釣れた時にチャレンジ予定^^

190502190502(12).jpg

この日は

190502190502(13).jpg

鯛のフィッシュフィンガー。

地瓜粉やデュカを混ぜ込んだパン粉が
とってもクリスピーで美味しいのよ。

おっきい鯛が釣れた時には
このフィッシュフィンガーでストックが我が家の定番。

190502190502(14).jpg

タルタルソースは必須ですね^^。

マヨネーズ ゆで卵 ケッパー チャイブ 胡椒 マスタードが入ってます。

190502190502(15).jpg

お魚ではないのですが
今年も野沢菜地方のブロ友さん chiruさんから
たっくさん送っていただいた春の味、
ふきのとうで作ったふき肉味噌を
薄味で炊いたこんにゃくに合わせてます。

190502190502(45).jpg

うちのワンコは大きさ比較担当^^

こんなに送っていただけるんです。
ありがたい限りです。

chiruさん いつもいつもありがとうございます。

190502190502(16).jpg

この日は

190502190502(17).jpg

鯛のアラのマリネ焼き。

鯛のアラを塩レモン ニンニク ローズマリー 塩コショウ オリーブオイルでマリネしてから
オーブンへ。

我が家の定番料理です。

次は小イワシ(カタクチイワシ)編~

190502190502(18).jpg

釣りに行って魚の処理を終えてからの
お昼ご飯?晩御飯?

190502190502(19).jpg

小鰯のマリネサラダ~

結束バンドを使い三枚におろした小イワシに強めの塩をしてから少し置き
氷水で洗う事6~7回。

水気をしっかり取ってから白ワインビネガー リンゴ酢 塩コショウ 極少ニンニク オリーブ
オイルでマリネしてベビーリーフ 新玉ねぎ トマト ケッパーの上に乗せオリーブオイルを
追加で回しかけピンクペッパーをトッピング~。

絶品です!!

190502190502(20).jpg

小イワシの柳川風。

手開きにした小イワシを
刻んだミョウガと一緒に甘めの出汁で煮て最後卵でとじてます。

いつも間にか知らん間に
奥さん、手開きとかしてるし^^

魚がちっちゃいから
なんかかわいいのよ(笑)

190502190502(21).jpg

小イワシの刺身。

ショウガ醤油とワサビ醤油で食べ比べてみましたが
私たち夫婦はショウガ醤油派でした^^

190502190502(22).jpg

小イワシの骨せんべい。

まぁこの細かい骨をちまちまと
毎回お料理していただけること^^
ありがたい限りです。
これ、サクサク感がたまらんよ。

190502190502(23).jpg

小イワシのから揚げ。

粉を付けた小イワシをオリーブオイルで揚げ
デュカを振りかけてあります。

190502190502(24).jpg

この日は

190502190502(25).jpg

小イワシのコンフィを作ってあったので
それを蒸したジャガイモと合わせてあります。

越冬ジャガイモというやつらしくて、とっても甘いんですが
小イワシの塩気ととってもよく合って美味しかったです。

190502190502(26).jpg

この日は左奥の

190502190502(27).jpg

焼き小イワシです。

これで30匹弱。
数を釣らないといけないのがわかるでしょ?

軽く塩をして薄く太白ごま油を引いたフライパンで焼いて
大根おろしにポン酢で。

190502190502(28).jpg

この日は

190502190502(29).jpg

粉を付けて揚げ焼きにした小イワシを
トマトソースと合わせカッテージチーズを散らし
イタリアンパセリをトッピング。

190502190502(30).jpg

この日のは
前回ちょろっと写真だけアップしてた
釣りに行った当日の晩ごはん。

ちなみに魚の処理は10時ごろから始めて
お昼ごはん、休憩2回はさみながら
終わったのが18時ごろ。

さすがに1,200匹超は手強かった^^

190502190502(31).jpg

鶴橋でゲットしてきたハチノスで作ったトリッパ。

買ってきたのをさらに丁寧に
奥さんが処理してくれてますんで
臭みなんて一切ナッシング!

めっちゃ大好きな1品。

190502190502(32).jpg

小イワシのお刺身に

190502190502(34).jpg

こちらは
小イワシの梅 生姜 大葉和え。

190502190502(36).jpg

小イワシ梅生姜煮。

パサつきなし!

190502190502(37).jpg

小イワシの酢漬け。

白ワインビネガー リンゴ酢 塩 ケッパー です。

190502190502(38).jpg

定番の小イワシの骨せんべい^^

ということでストックもたくさんできまして

190502190502(39).jpg

粉を付けてバットに広げた状態で凍らせて
1匹ずつでも取り出せるようにしてあります。

190502190502(40).jpg

ほんとは大きなジップロックのがもう1つあるらしいのですが
冷凍庫の1番下になっちゃったので取り出すのを断念^^

でもこれで1年分のストックも十分。
-60℃の冷凍庫の強みですね~^^

190502190502(41).jpg

さてラストは

190502190502(42).jpg

小イワシの西京味噌煮。

これもこの状態でストックされてます。

190502190502(43).jpg

揚げた小イワシを玉ねぎ 人参と一緒に
青シソドレッシングに漬け込んであります。

190502190502(44).jpg

小イワシのコチュジャン和え。

揚げた小イワシをコチュジャン ハチミツ オイスターソース 酢 すりゴマ 出汁で
作ったタレと合わせています。

これはいつもタチウオの腹身とか尻尾の身で
作る我が家定番のストックおかず。

今回は小イワシでやってみたそうです。

これもありですね~。


ということでどの料理もとっても美味しかったです。

いつもいろいろと工夫して
食べさせてくれる奥さんに感謝感謝です。

ごちそうさまでした~


さて次回は好、不調を繰り返している様子のタイラバへ。

前回と同じ TopsJapan さんです。

時期的に産卵がらみなんで
なかなかマダイさんも気難しい様子。

でも頑張って釣るぞ~


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 

台湾の粉もん 胡椒餅編~♪

 
久しぶりの更新になってしまいました。
トップにスポンサーの広告出ちゃったし・・・

釣りは12月のタラから行ってませ~ん。

予定もありませ~ん。

ナイトキンメを狙ってたんですが
今年は全然来てないらしい・・・
去年というか一昨年は12月から釣れてたらしいのに・・・

ということで今回は暇に任せて作った
胡椒餅の記事でも・・・

ネタがないのがバレバレですが
レシピもつけとくんでご勘弁を^^

さて、昨日の土曜日。
休みの日はお昼ごはんがメインの我が家。
朝見てたテレビの旅番組でほうとう鍋が出てきたので
ほんとは別のメニューの予定だったらしいのですが
急遽予定変更で我が家もほうとう鍋に^^
(こういう急遽予定変更はたまに奥さんがやってくれるんですが
一度は見てた料理番組が終わった時に同じものがテーブルに出てきて
びっくりしたことがありました。見てて急に作りたくなったそうです^^)

っで奥さんからのリクエスト

「麺つくって」

はいはい、なんでもやらせていただきますよ~

190127IMG_3729.jpg

ということで

190127IMG_3728.jpg

まずは

190127IMG_3732.jpg

ほうとう鍋の麺をうってからの
胡椒餅作りの小麦粉三昧な日でした^^。

ほんとはね、そば打ちの台も出してきてやりたかったんですが
奥さんから却下されまして
台所の狭い場所でやってるんで材料を半分ずつにして
うってます。
ということで麺は短めなんですが
鍋の具なんでこれでOK^^

ということで本題の胡椒餅なんですが
あまり日本ではなじみはないですが
台湾では夜市の超有名店があったりしますので
行かれたことがある方は
結構食べられたことがある方も多いかも。

170318IMG_2194.jpg

こんな窯で焼いてて美味しいのよ~

これを作ってみたくて
奥さんがレシピを見つけてきてくれましたんで
最初はそれ通りに。

そこから自分なりに工夫を加えまして
昨日で4回目。
ちょっといい感じの再現率で出来上がりました^^

まずは材料(6個分)から

外皮1
中力粉 90g
強力粉 30g
ドライイースト 小さじ1/2
砂糖 小さじ1
塩 ひとつまみ
ぬるま湯 80cc(加減を見ながら)

外皮2
中力粉 50g
ラード 25g

肉餡
豚ひき肉 150g
胡椒 小さじ1(好みでもっと多くても可)
塩 少々
ごま油
生姜 
五香紛
醤油 小さじ1/2
刻み青ネギ
片栗粉
オイスターソース

最後に白ごま

材料はこれだけ。

元のレシピは中力粉(120g)だけなんですが
我が家の好みで強力粉も入れてます。
中力粉がなければ薄力粉と強力粉でもOK
(分量は適宜)

それから豚ひき肉なんですが
当然自分でたたいて細かくした豚肉でもOK。
今回はスーパーにあった豚肉の中で良さそうなのを
脂身と赤身とに分けて自分でたたいて餡を作りました。

胡椒の量なんですが
これまたかなり好みによると思いますが
台湾で食べたのが結構胡椒が効いてて美味しかったので
実際にはこの量よりかなり多めで作ってます。

五香粉もお好みで。
苦手な方もおられるとは思いますが
これを入れると一気に台湾味^^。

餡の味はしっかり目に付けた方が美味しいと思います。

190127IMG_3733.jpg

左上のが赤身の方のお肉
量的にもこちらがメインです。
右側が脂身の方。
左下が外皮2(材料を混ぜて練ってあります)です。
あっ、写真に写ってるアマニ油は
気にしないでください^^

190127IMG_3734.jpg

外皮1を練って30分程度発酵させてから
台の上で伸ばしてたたむを数回。
これで生地が層になります。

それをまた伸ばしたところへ
外皮2を伸ばしてのせ
外皮1で包むようにくるんで伸ばします。

この時の伸ばす、たたむの回数で
生地の膨らみ方がかわるので
ここはお好みで。
当然回数が多くなれば皮はあまり膨らまずに
パリパリに近くなりますね。
うちは膨らみも欲しいので
くるんで伸ばすだけです。
(層にはなってて欲しいので外皮2を入れる前に
何度か折りたたんで層を作るようにしてます)

190127IMG_3742.jpg

っで、まずは脂身の方を薄く敷いて

190127IMG_3743.jpg

赤身を乗せて

190127IMG_3744.jpg

ネギをトッピング。

ネギは餡の中に一部入れてます。
トッピング用のは今回のは少しごま油で炒めてます。

190127IMG_3748.jpg

皮を寄せてきて

190127IMG_3751.jpg

ちょい

190127IMG_3753.jpg

ちょい

190127IMG_3754.jpg

ネギを抑え込んで^^

しっかりと生地を寄せてきて
隙間ができないように。

ここで生地を寄せてきますので
均一な厚みで伸ばしてると
この部分が分厚くなっちゃうんですね。
ですので生地を伸ばす時には
生地の外側を薄くするように伸ばすと
まとめやすくなります。

まとめたところは下になりますので
綺麗にできなくても気にしない気にしない^^

最後に表面に刷毛で水を塗って
白ごまをつけて
ちょっと落ち着かせてからオーブンへ。

オーブンは180℃に予熱しておいて
200℃で20~25分ぐらい

190127IMG_3761.jpg

190127IMG_3762.jpg

できあがり~

夜市で買うとね、上の写真にあるように
窯で焼いてるから焼きむらが適度にできてて
それがまた美味しそうに見えるんですよ。

オーブンで焼くとちょっと綺麗に焼けすぎるんで
そこがちょっと不満ではありますが^^

暇なときにダッチオーブンでやってみよかな。

ちなみにこの時の写真を
フェイスブックの『台湾グルメ&楽しい情報』っていうグループでアップしましたところ
たくさんの「いいね!」やコメントをいただきました。
ありがとうございます。

すごい台湾マニアの方とか
台湾の方も記事をアップされてるんで
面白い、役に立つ情報もいっぱいで
楽しいグループですよ~。

ということで釣りネタではなかったですが・・・

来週はフィッシングショー大阪ですね。
まだ行くかどうか悩み中・・・

行ったら記事もアップしますね~。

それでは
次回の釣りはいつ、どこで、何になるのやら・・・


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



特別編 我が家の台湾飯~♪



さて今回はタイトルにもあるように
特別編ということで。

何故に?と思われそうですが
もうすぐ大好きな台湾へ遊びに行くので
台湾愛の意味も込めまして
最近、うちの奥さんが作ってくれた
我が家風、台湾料理を。

まずは一番最近のになるのかな?
こんなのを

181010DSC0950680912.jpg

181010DSC0949980912.jpg

元々は魯肉飯用にと炊いていた豚肉を
熱々の状態で汁ごと生の水菜の上に。
それに油葱酥を散らしてます。

181010DSC0949880912.jpg

蕃茄炒蛋(トマトと卵炒め)

トマトと微塵切りの白ネギを炒め
予め作っておいた甘めのスクランブルエッグを投入。
そこにオイスターソースとタピオカ粉入りの鶏ガラスープを加え
ひと炒めしたら完成。

これがまたうまいのよ。

181010DSC0949780912.jpg

下水湯。

砂肝入りのスープです。
孤独のグルメで五郎さんが注文してるのを
最初見たときはちょっとびっくり。
なんといっても下水ですからねぇ・・・。

181010DSC0949280912.jpg

皮蛋豆腐。

蔭油膏(台湾のとろみ醤油)
オイスターソースを混ぜて作ったタレをかけて頂きました。

181010takarazima_daido.jpg

181010DSC0949680912.jpg

炸花枝丸(イカのすり身団子揚げ)

イカは多少食感が残る様に粗目にフードプロセッサーにかけ
ラード 卵白 タピオカ粉を加え団子にして揚げてあります。

これがまたスルメイカじゃなくケンサキイカという贅沢^^

イカ団子は作った事あったけどラード入りっていうのは初めて。
奥さんはあまり普段はラードって使わないですが
これがまたコクが出て美味しかったです~。

181010DSC0949380912.jpg

五香粉とレモンペッパー入りの塩と甜辣醤

181010img10443876206.jpg

181010DSC0950280912.jpg

台湾旅行がもうすぐだぁ~と思ったら
急に台湾飯が食べたくなって
ラード以外は家にある食材と調味料で
手軽に作ったそうなんですが
どれも美味しかったよ~。

181010DSC0929480827.jpg

次は8月の末の台湾飯~

181010DSC0929380827.jpg

高麗菜水煎包。

具は豚肉 キャベツ 生姜 春雨。
ちょっと皮が破けちゃってますが
そこはご愛嬌ということで^^

前回の台湾旅行でホテルの前の店で売ってたのよ。
これが美味しかったので再現。

181010securedownload8082701.jpg

中身の具と皮になる生地を奥さんが作ってくれて
それを包むのは私のお仕事~

これするのも3回目だったかな?
だいぶ慣れてきてコツも掴めてきました。
後は回数をこなして美しく仕上げねば・・・。
これ、手が小さい女性だとやりにくいかも。

181010DSC0929280827.jpg

海苔たまスープ。

ショウガ多めがミソだそうです。

181010DSC0928480827.jpg

茹で剣先。

181010DSC0928680827.jpg

薬味はこんなの~

181010DSC0928980827.jpg

三杯鶏。

黄色いのはトマトが入ってます。

これこれ、私の最近の超絶お気に入り。

そのままでビールのお供
ご飯にかけてもウマウマ。

これね、台南在住の日本人ブロガーさんが
ブログにアップされてたのとか
料理番組で見たんだったかな?

それで奥さんが作ってみたいということで
色々調べて作ってくれました。
ということでそれまで食べたことはなかったのですが
奥さん得意のこんなもんだろう料理というやつです(笑)。

でも最初から完成度高かったですよ~。
めっちゃ台湾味です^^

181010DSC0928880827.jpg

スペアリブの薬膳スープ煮。

一度湯通ししたスペアリブを と一緒に煮込んでます。

18101099seiburyou.jpg

181010DSC0929680827.jpg

上のご飯から2日後~

181010DSC0932380828.jpg

181010DSC0932580828.jpg

魯肉飯( ルーローハン)

日本人が台湾飯っていうと一番に思い出すのが
これじゃないでしょうか?

やっぱりこれには魯蛋もつけて^^

今回の旅行は南部に行くので
魯肉飯じゃなくて肉燥飯。楽しみだぁ~。

181010DSC0931380828.jpg

豆苗 豚ミンチ 春雨の炒め物。

豚ミンチと生姜 豆板醤を炒め醤油 オイスターソース 砂糖 紹興酒 八角
チキンスープ少々で調理。
そこに戻さず短くカットした春雨を入れ↑の水分を吸って柔らかくなる
までしばらく放置。

それを炒めた豆苗と合わせてあるそうです。

これも美味しかった~。

八角が苦手な方もおられるようですが
私達は大丈夫。

これが入ると一気に台湾味になるのよね~^^

181010DSC0931780828.jpg

小松菜とコーンのサラダ。

醤油に香酢 ごま油のドレッシングで頂きました。

181010DSC0931680828.jpg

イカ団子の中華スープ。

ケンサキイカ 卵の白身 タピオカ粉 塩 砂糖をフードプロセッサーに。
それを団子にして中華スープに落とし火を通してます。

フワフワ プリプリ~

181010DSC0931580828.jpg

皮蛋。

台湾のピータンって中国製のよりクセがなくて美味しいですよね。
黄身の部分が柔らかいのも大好き。

181010DSC0932180828.jpg

こんな感じで向こうで食べたもの まだ食べたことがないものも
織り交ぜて奥さんが作ってくれる台湾ご飯。

とっても美味しいよ~。

今度の旅行でまたどんなものが食べられるのか
今から楽しみで仕方がないです。

でもね~ 
色々調べてたら食べたいもの
行きたいお店が多すぎて困ってしまいます^^。

そろそろ量を食べれなくなってきてるから余計。

それと夫婦2人で行くんで
シェアして食べてもいろんな種類のものを食べるには
限界があるしね~。

お店も小吃とか夜市なんかが中心になるしね。

ちょっと気合の入ったお店でいろんな物を頼んで
ちょっとずつ食べるっていうのは
2人だとなかなかできないですよね。
そういうお店だと
何組かの夫婦とかグループで行って
食事の時だけ一緒にとか
あちらに友達がいて一緒に食事とかだと
ガッツリと食べれるんでしょうけどね~。

なかなか悩みどころではあります^^。

ということで今回はここまで。

今月は釣りの予定がないから
次の更新は旅行記になるかな。

乞うご期待!


ランキングに参加しています。ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


今回もウマウマ~ お料理編~♪



お料理編はいつも奥さんのブログから
写真を拝借するんですが
今回は素直に文章の方も拝借~(笑)
わかりやすいように赤い字にしておきますね~。

さっそく タチウオさんから~

181001DSC0961480921.jpg

181001DSC0960680921.jpg

太刀魚のムニエル アーモンドバターソース。

塩コショウして粉をつけオリーブオイルでソテーした太刀魚の切り身に
無塩バター 塩レモン 薄口醤油 スライスアーモンドで作ったソースをかけて
頂きました。


バターも合うね~

181001DSC0955880915.jpg

この日は

181001DSC0954780915.jpg

揚げ焼き太刀魚の紅葱醤ソース。

181001securedownload8091503.jpg

揚げ焼きした太刀魚の切り身を紅葱醤 オイスターソース はちみつで
作ったソースに絡めました。


この日は肉圓もあって台湾風。
肉圓って『千と千尋の神隠し』で
豚になったお父さんとお母さんが食べてるやつね。

次は徳島の落とし込みの次の日。
サンデーランチです。

181001DSC0963080923.jpg

釣りの翌日で
カンパチはまだ熟成させたかったので
生系はまずメジロから。

181001DSC0962980923.jpg

メジロのへら寿司風。

柚子を効かせた高知の郷土料理のへら寿司もどきです^^;
酢飯にはこれ と柚子果汁を使っています。


181001201809240207077c8.jpg

赤酢っていうやつですね。

181001DSC0962780923.jpg

シオのアラのお吸い物。

他の3匹より小さくて
60センチなかったので ”シオ” としておりますが
船の釣果写真ではカンパチとなってたはず^^

181001DSC0962580923.jpg

シオのカマの塩焼き。

181001DSC0962180923.jpg

アジと茗荷の梅肉サラダ。

三枚におろし塩をして吸水シートで脱水したアジと茗荷 トマト 大葉 梅肉を
合わせ出汁入り甘口薄口醤油で味付け。


アジは呑ませ用に釣ったのと
落とし込みの時に掛かってきたやつ。
そう ”ベイト” です(笑)。

茗荷は只今、うちの庭で絶賛収穫中。

181001DSC0962080923.jpg

〆サバのみぞれ和え。

これまた落とし込みで掛かった
ちっちゃなサバさん^^。

181001DSC0962280923.jpg

お魚チリコンカン。

魚の胃袋や肝 心臓をトマトソースやキドニービーンズと一緒に煮込んだ
オリジナル料理です。


しっかりとした胃袋のある魚が釣れた時に登場する
奥さん得意の料理。
これ、美味しいよ~。

181001securedownload80923p4.jpg

ボイルした胃袋。
見た目まんまホルモンですよね。


181001securedownload80923p3.jpg

一晩血抜きした肝や心臓 卵。

釣られてくれたお魚さん達、無駄なく食べ尽くしますよ~^^。


上の胃袋もそうですが下処理が大事。
ちゃんとしないといくら魚といえども
内臓ですから臭くなっちゃいます。

せっかくですからね~
美味しくいただかないと。

こういう料理を奥さんが作ってくれますので
うちは船の上で内臓抜いたり
頭落としたりはまずしません。

そこから水吸っても嫌だし。

あっ、血抜き・活〆・神経抜きは当然やってますよ。
血抜きしないと肝がこんな色にはなりません。

181001DSC0962880923.jpg

次の日~

181001DSC0965380925.jpg

はい 満を持してカンパチさんの登場です^^。

181001DSC0964880925.jpg

カンパチ刺身。

22日の午前中に釣ったカンパチを24日の朝に捌きました。


181001securedownload8092512.jpg

熟成させた脂の乗った腹側の身・・・不味い訳ないよね^^。

181001DSC0964380925.jpg

カンパチのムニエル。

バターミルクに漬け込んでいたカンパチの切り身に粉をつけバターでソテー。
付け合わせはじゃが芋 パプリカ コーン。

ふわっとした身が美味~


バターミルクに漬け込まれてたんですよ。
元々他の青物よりふわっとした身のカンパチですが
猶更ふわっふわ~

181001DSC0964080925.jpg

小アジのカレー南蛮漬け。

カレー風味にしてみました。


これまた美味

181001DSC0963780925.jpg

茗荷と豚バラのさっと煮。

薄口醤油 出汁 みりん 砂糖で甘めに味付けした煮汁で豚バラを煮て
千切りにした茗荷を加えさっと火を通したら完成です。

大量収穫した茗荷の消費メニューです。


お魚料理じゃないですけどね
おうち茗荷ということで

181001DSC0964780925.jpg

湯引きカンパチのみぞれ和え。

カンパチの刺身をさっと湯引きして酢 薄口醤油 出汁で味付けした大根
おろしと和えました。


あっさりといただける1品。

こういう半生的なのも美味しいよね~。

181001securedownload8092516.jpg

↑ 不織布タイプのキッチンペパーで包み西京味噌に漬け込み中のカンパチ切り身 ↑

こういう感じでストックされるわけですね~

さてさてお次は

181001DSC096708092601.jpg

カンパチでしゃぶしゃぶですよ~

181001DSC0966480926.jpg

68㎝のカンパチの四分の一腹側の身を薄くスライス。

181001DSC0965980926.jpg

えのき 水菜 シャウエッセン 豆腐と他の具材はシンプル。

181001DSC0967280926.jpg

ブリしゃぶだとどうしても青物のクセが気になるけどさっと出汁にくぐらせた
カンパチにはそれが全く無し。甘いんです!!


我が家、ブリ系が釣れても
臭いというかクセが気になるんで
しゃぶしゃぶにするのは釣ったその日のハマチがほとんど。
あれはあれで ”キュッキュ” っていう食感が楽しめるんで。
(釣ったその日じゃないとダメですよ~)

でもカンパチって青魚臭さがないし
甘いんですよね~。

もうこれだからカンパチ狙いはやめられません!

181001DSC0966280926.jpg

カンパチの生ハム風。

薄くスライスしたカンパチをハーブ塩 レモンペッパー 胡椒で味付けし
吸水シートに挟んで一日。

ベビーリーフに乗せ市販の人参ドレッシングとオリーブオイルをかけて
頂きました。

水分が抜け塩味の効いた身は生ハムの様な食感。
ワインが欲しくなる一品です^^。


これ、味といい水分の抜け具合といい
抜群でしたよ。

181001DSC0966880926.jpg

もう めちゃくちゃ満足。

最後に雑炊までいきたかったのですが
おなかがいっぱいでたどり着けず・・・^^

181001DSC0968380927.jpg

181001DSC0967880927.jpg

メジロかつ。

スライスチーズを挟んで揚げてます。
パン粉は勿論地瓜粉入りで~す^^。


これ、メジロですが身はフワフワでしたよ~。

奥さんのブログに良く登場する 地瓜粉
スーパーでは普通に売ってないかもですが
これ、優れものです!

今月台湾に行くし、また探そうっと^^

あっ、ネットでポチってできますよ。

181001DSC0967980927.jpg

剣先のとびこ和え。

安定の美味しさです。


イカさん登場です。

-60℃の冷凍庫には
おかげさまでイカさんがいっぱい^^。

こんな風に生でも美味しくいただけます。

181001DSC0967580927.jpg

茗荷の三五八漬け。

三五八漬けの素っていうのも
ポチくりショッピングなんですが
これ美味しいですよ。

181001DSC0967480927.jpg

カンパチの頭の身の薬味和え。

焼いたカンパチの頭の身をほじほじ。
茗荷 ネギ ごまと合わせポン酢をかけて頂きました。

焼いたカンパチの頭


181001securedownload8092708.jpg

身は結構ついているんだけどこのままだと食べにくいし何よりビジュアル
悪過ぎ!!ですよね^^;


181001DSC0968180927.jpg

この日はこれだけではありません!

181001securedownload8092707.jpg

前日のしゃぶしゃぶのお出汁を使って雑炊~

魚のお鍋とは思えんよ!これ

超絶満足 超絶満腹でした~^^

181001DSC0969080928.jpg

181001DSC0968880928.jpg

カンパチのピカタ。

厚めのお刺身サイズにカットし粉をつけ冷凍していたカンパチを解凍し
卵液をつけて焼きました。


これね、めちゃくちゃふわっふわなのよ。
なんで?って思わず奥さんに聞いてしまいましたよ。
「カンパチだから」っていう返事でしたが・・・^^

ちょっと青物っていうのが信じられないぐらい。

やっぱり大きさもあって脂がのってるっていうのもあるのかなぁ。
カンパチ 大好きです^^。

181001DSC0968580928.jpg

バターナッツのポタージュ。

甘くて美味しい~。


これも大好き。

釣りに行き帰りの道の駅なんかで見つけたら即買いです。

181001DSC0968980928.jpg

カンパチの頭の身が残っていたので大根おろしと和えてみました。

181001DSC0969480928.jpg

別の日には

181001DSC0970780929.jpg

181001DSC0969680929.jpg

カンパチの西京味噌漬け。

西京味噌 酒 薄口醤油 トレハロースで作った味噌床に漬け込みました。
いい塩梅に漬かっています^^。


上に載せたストックおかずですね。

味がなじむまで冷蔵庫。
その後冷凍庫に移動して今回のお魚さん
すべて無事、ストック完了でした。

ほんといい塩梅ですよ~。

181001DSC0970380929.jpg

カンパチのアラの赤だし。

赤味噌だけだと渋みが気になるので西京味噌も入れてます。


そうなんですよね、赤だしって結構
外で食べると味が気になる時があるんですが
これはそんなことなかったですよ~。

181001DSC0969880929.jpg

太刀魚のハラミのコチュジャン和え。

ストックおかずです。


我が家 ド定番のタチウオストック。

でもこれって、尻尾の先の方とか腹身をすいたのとか
普通捨てられちゃうとこなんで
1匹からそんなにたくさん取れないんですよね。
ということでたくさん釣ってこないといけないんで
頑張ってまた行っちゃいましょう。

でも今シーズン、釣れるときに当たるんだろうか・・・。

181001DSC0970980929.jpg

以上、お料理編でした~


ちょろっと書きましたが今月は3度目の台湾旅行。
なのでハイシーズンではありますが釣りの予定は入れてません。

でも行きたい釣りはいっぱい。

カツオ、タラ、タイラバ、タチウオ・・・

う~ん いつ行こ?(笑)


ランキングに参加しています。ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


プロフィール

aki.t.

Author:aki.t.
行きたい釣りが多すぎて 困ってしまう今日この頃・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トータルの訪問者数

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR