スピニングリール 買っちゃった♪



さてさて、先日こんなのをポチッちゃいました。

170820IMG_2564.jpg

170820IMG_2563.jpg

これ私の

170820IMG_2562.jpg

ダイワ エクセラー2506H-DH

170820IMG_2577.jpg

奥さんのがこれ

同じくエクセラー2506H

170820IMG_2578.jpg

ダブルハンドルとシングルハンドルの違いは
好みの問題^^

奥さん、ジギングで釣りを覚えたもので
最初に使ったのがシマノの6000・8000番クラスのスピニング。

その時、同時にやってたインチクも
ベイトのシングルハンドル。

だもんでダブルハンドルが苦手。

確かにしゃくる釣りには
シングルハンドルの方が使いやすいもんね。

私は用途に応じて使い分けてます。

ちなみにこれは来月釣行予定の
和栄丸さんのアジングで使う予定。

今まで持ってるこのクラスのリールは
波止でスプールに傷をつけてしまったので
細糸には若干の不安があるし
このクラスより少し小さいのも持ってるんですが
そちらは糸巻き量が不安。

結構深いとこやるみたいなんで。

それから奥さん用に持ってるのは
ドラグ性能が不安。

何といってもデカいですからね~アジさん。

50センチオーバーとか出るし。

ハマチですか?ってサイズ(笑)

あと、今持ってるこれより大きいのだと
ちょっとバランスが悪いかなということで
思い切って買っちゃいました。

ネットで探して
それぞれ最安値の店で購入。

これ、マグシールドなんですけど
1万切る値段であるんですね。

もっとすると思ってた^^。

でも本当はもうちょっと安いのにする予定だったんですけどね。

実際に釣具屋さんで見てみたら
なんかドラグの感じが気に食わんというか
なんか違うな~って感じで。

まぁ雲船長とこの白身三昧便でも使えるだろうし
イカメタルでも使えるしね。
ちょっと予定外でしたが購入です。

レバーブレーキのも興味あるんですけどね。

でも多分、慣れるのにかなり時間がかかりそう。
持ってるんですよ、レバーブレーキのスピニング。

20年以上前に磯釣りで使ってたやつ^^

その頃のって今のと違って
常に回転はフリーの状態にして
止めるのにレバーを使うってタイプ。

だから勢い余ってというか
必死になって握り過ぎて
レバーを折っちゃう人も居たそう^^

当然、ドラグがついてないのよ。

まぁ、今みたいにいろんな釣りで使うんじゃなくって
磯でグレなんかを釣るのに
一瞬テンションを緩めてこちらを向かせるためのものだったり
竿の角度を調整するものでしたから。

だから逆回転のオン、オフに使うっていうのが
多分できなさそう(笑)

意外と身に付いた癖というのは抜けないものなのですよ^^

それと右手巻きで使ってたし。

よく、右巻きだ、左巻きだと話題になったり
論争(!?)になったりしますが
私は両刀使い。

それぞれ理由があってそうしてます。

磯(最近は全然やってませんが)なんかでは
右巻き。

その理由はタモ入れの時、
非力なんで左手でタモが操れないから。
それからコマセを打つのに
左手では杓を扱いにくいから。

それからベイトは基本右。
イカメタルでロッドがスパイラルガイドで
左巻き用に倒してあるのは
左巻きにしてますが、かなりぎこちない気が^^
最近ちょっと慣れてきました。

スピニングの左巻きは
最初、川でトラウトをやるのに
トゥイッチングが左手(右巻き)ではやりにくかったから。

キャストする時に
左巻きだとロッドを持ち変えずに
すぐに巻き始められるというのもありますが
私はこれはあまり気にならなかったので
このためということではありません。

ですのでロッドを動かす釣り(ジギングなんかも)で
右手の方がロッドを動かしやすいので
左巻きの練習をしたって感じですね。

最近ではスピニングは左の方が楽かな。

でも例えば超大物相手のパワー勝負なら
右手巻きにするでしょうね。

その方が単純に力が入るし。

何といってもね、私が釣りを始めた
40年以上前って
ガキの買えるリールで左巻きなんてなかったのよ(笑)。

特にベイトなんてなかったし。

だから基本右巻き。

でもバスで釣りを始めた人
(私より下の世代の方で多いです)は
やっぱり左巻きなんでしょうね。

でもね、よく釣りガールが出てくるような番組で
釣りをしたことがない子に
いきなり左巻き使わせてることがあったりして、
まぁ先生役の人のをそのままってことなんでしょうけど
なんか痛々しい時がありますよね。

スピニングリールをカクカク巻いてるの見て
それってどう?って思っちゃいます。

あと、実際に釣りをしてても
何度か見たことがありますが・・・。

実際、やったことのない人にとっては
利腕の方がリールを巻きやすいと思うんですけどね~。
特に非力な女性や子供さんは。

うちも奥さんが釣りを始める時に
両方で試してみましたが
即答で右巻きになりました^^。

もし、彼女や奥さんと釣りを始めたいと
思っているのでしたら
その辺りも考えてあげてくださいね。

まずは少しでも快適に釣りができるように。

そして一番はちゃんと釣れること^^。

自然相手ですからなかなかそうはいかないものですが
釣れなきゃ始まりませんし。
っで、やっぱり釣れなきゃ面白くないし。

そして自分の釣果は
場合によっては今までより落ちるものだと
認識してください。

だって、根掛かりや~仕掛け切れた~とかありますし
釣らせるためにはいろんなことしないといけない場合もあるし。

でもね、夫婦で釣りに行くって楽しいよ。

共通の趣味っていいなと思います。

釣りに行く途中も、当然最中も会話は弾むし、
帰ってきて魚の処理をする時なんかは
その日の釣りの話で盛り上がりながら
2人で処理できますから
時間がかかっても苦痛じゃないし。

それにね、何といってもタックル買うのを理解してもらえるという
とってもおっきなメリットが(笑)

皆さん、奥さんに隠して
タックル買ったり、またそれがばれたりとかの
苦労はされてませんか?

絶対、釣り道具の値段は教えられん!
って言ってた人がおられましたが・・・^^

我が家、それがありませんからね~。
逆に物凄く理解ありますからね~。

前回の記事にも繋がりますが
良いタックルの良さを実感してますからね、奥さんが。

2人分というのが恐ろしい時もありますが(笑)



ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

セフィア エクスチューン メタルスッテ のお話♪



前回書きたかったセフィア エクスチューン メタルスッテ B605M-S のお話です。

170820IMG_2580.jpg

私なんぞがこのロッドについて語るのも
おこがましいったらありゃしないって感じですが
忘備録ということで。
またしばらくイカメタルはお預けだしね。

このロッドを始めて使った時にも少し書きましたが(その記事は→こちら
ほんと凄いロッドです。

初めて仕掛けを入れた時に
ちょっと戸惑ってしまうぐらいの繊細な感じ。
使いにくいっていうことじゃないんですよ。
その丸っきり逆。
ロッドからの情報量の圧倒的な多さにびっくりしたんです。

奥さんも自分のブログで
「格が違う感じ」と書いてますが
まさにその通り。

イカメタルに限らずなんですが
ロッドって「掛け調子」と「乗せ調子」っていう
分け方するじゃないですか?

このロッドも他のラインナップからすれば
「掛け調子」なんでしょうし
HPにもそのように書いてありますが
普通のロッドの概念では説明できないところが
あると思います。

アタリの出方とかティップの曲がりだけ見たら
「乗せ調子」みたいな。

いろんなアタリが出るのは
イカメタルの面白い所ですが
今までに経験がなかったような
「にゅい~ん」っていう
大きく穂先が持って行かれるような
入り方をする時がありました。

ロッドが大きく舞い込むような
「ど~ん」っていうアタリはたまにありますよね。
そういう勢いよくじゃなくって
「にゅい~ん」なんです。
自然な感じで「にゅい~ん」^^

これって「乗せ調子」と言われる柔らかい竿で
違和感なく魚(イカ)が持って行ってるっていう
アタリですよね。

かと思えば、「チクッ」っていう
ほんと数ミリだけ入るような
鋭角的なアタリも出ます。

この辺りが凄いとこですよね。

そして合わせはきっちり決まります。
きっちり「掛け」に行けるんですね。

限られた字数の文章で表現しようとすると
どうしても「乗せ」「掛け」となるんでしょうが
私が思ったのは「乗せ掛け調子」^^。

もう完全に今まで知っているロッドとは
別次元の作りというかコンセプトというか。

それからイカ先生と直接お話させていただいた時に
仰ってたんですが
柔らかすぎるロッドだと掛けてから
上げて来る時に面白くないということ。

「掛けてからも楽しめないと」
そんなふうに仰ってました。

確かにそうですよね。
餌釣りなんかで柔らかい胴調子の竿って
なんか魚の大きさがわからんぐらい
魚の引きがぼやけちゃう。

イカメタルのロッドでも
そういうのはありました。

でもね~このロッド
小さいのは小さいなりに

ちょっと大きくなったら
「おっ 引いてる!」って感じに

でも、もっと大きくなって
イカの引きに負けてるようじゃ意味ないですよね。

それがですよ~全然そんなことないの。

大きいのもしっかり上がってきます。
のされてる感じとか
「やばい!」って感じなんかも全然ナッシング。

この感覚がびっくりですよ。

最初、この大きさのがこれだけ引くんだったら
もっとデカいのがきたらどんななんだろ?
って思いましたが
そこはイカ先生のDVDやブログでの説明を拝見してたんで
不安っていうのじゃなく
めっちゃ楽しみでした。

残念ながら超デカイカサイズは釣れませんでしたが
そこそこのは釣れたので
その引きも堪能できました。

それからね、これはちょっと
とっても感覚的なもので
なかなかうまく表現できないんですが
よくどんな釣りでも前アタリっていうのがありますよね。
そんな感じなんですが
いろんな棚を探っていて
明らかに「この棚は釣れる!」っていう
確信を持てるようなティップの動きが出るんですね。
それをアタリと言えばそれまでなんですが
ちょっと違うような…。

私達、夫婦で棚を合わせて釣っていますので
例えば奥さんが全然違う棚で掛けたとします。
その棚に仕掛けを移動させた瞬間から
何かしらの信号がある。とか、
さっき書いたようにその棚に入れた瞬間に
動きが変わる感じ。

一番近いのはざわつくって感じかなぁ。

波でティップは動きますよね。
仕掛けが入って行って落ち着くまでにも
動きますよね。
そういう一連のあるべき動きに
何か違和感ぐらいの感じでプラスされるというのかな。

ちゃんとしたアタリってそういう一連の動きとは
違うものじゃないですか。
そこまでの動きじゃないんです。

今までもあったとは思うんですよ、そういうの。
でもそれがとっても明確にわかるようになりました。

果たしてあれは何なんでしょうか?
潮の流れ?
周りにいるイカとか魚の起こす水流?

教えて イカ先生!(笑)

来年のフィッシングショーで直接お伺いしようかな^^。

あと、ラインの揺れなんかも感じれるようになりましたね。

もうね、凄まじい情報量。

そして
持って楽しい
構えて楽しい
誘って楽しい
掛けて楽しい
上げて楽しい
すべてにおいて楽しいロッドです。

イカ先生がブログで書かれてますが
『使った人が本気で喜べるロッド。』

本当にそういうロッドだと思います。

こうなるとこのシリーズの
他のロッドも気になってしまう・・・。

いやいや、恐ろしや恐ろしや^^

でも各社いろんなロッドやスッテが出てきて
面白いジャンルになりましたね~。

正直、はじめはそこまでになるとは思ってませんでした。

浮きスッテの釣りもやってましたからね。
イカメタルをする前は
数釣れんようになるやんって真剣思いましたもん。

奥さんなんて本格的な船釣りって
浮きスッテの夜釣りからですから^^。

それが結構慣れてきて
(というか丸っきりの初心者にしたらスッテが扱えてたのですよ)
スッテの数ももっと増やしてみようかって時でしたから。

正直、え~っせっかく慣れてきたのにっていう感じ^^。

でも今では一番ドはまりしてる釣りですからね~。

浮きスッテの釣りだとここまでじゃなかったです。

この釣りを一つのジャンルとして
作り上げていただいた方々に
感謝感謝です。

っで、これだけはやって来ると
いろんなのがいろんなメーカーから出てきてますが
はっきりとラインが違うっていうのも見えてきましたね。

テレビなんかで見てると
ロッドの曲がりがスムーズじゃなくて気持ち悪いのがあったり
柔らかすぎてイカが抜けないのかな?
いちいちラインを持って上げてたり・・・
これって、特に初心者には無理がありますよね。
針に返しがない分、ばれやすいですから
そうやって上げないといけないようなのは
ちょっと違うんじゃないかと・・・。
下のスッテとドロッパーの距離が長いっていうのも
あるかもしれませんが
明らかにロッドが柔らかすぎっていうのが大きい気がしました。

極端な乗せ調子っていうんでしょうか
漁師竿っていうような感じでしたが
そういう意味で特化しているのってどうなんだろ?

まぁ趣味の世界ですから
個人の好みと言ってしまえばそれまでですけどね^^

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

バケットマウスにステッカー♪



釣り 行きてぇ~
日々夫婦でそう呟きながら過ごす今日この頃です・・・

さて、皆さん 釣り用のタックルボックスって何を使われてます?
オフショアで多いのはやはりドカットやバケットマウスでしょうか。

頑丈ですしたくさん入りますしね。

でも結構他の人とかぶっちゃたりして
あれ?私のどこ?みたいなこととかありませんか?

それと他の人とまったく一緒っていうのもつまらないし・・・

ということで今回は愛用のバケットマウス BM-9000用に
ステッカーを買いました。

170629IMG_2466.jpg

あかん 光ってもた^^

170629IMG_2468.jpg

真ん中の剣先烏賊ステッカー 
これがバケットマウス専用

作っておられるのは『Fishing My World!!』 さん(HPは→こちら

社長のOさんは10年ぐらい前になるのかな?
たまたま同船させていただいてお話しさせていただいたのが最初。

あの爆釣ジグ「ナムジグ」の『Lots Of Art』のフィールドスタッフで
いつも奥様と一緒に釣行されてる凄腕ジギンガー。

それからブログを拝見したりしてまして
フェイスブックでもお名前を見つけて友達申請^^。

っで、フォトブックやデジタル魚拓のサービスをされてたのは
存じ上げてたのですが
この春からドカット、バケットマウス用のステッカーを製作されて
一部の釣具屋さんで販売もされるようになりました。

それがHPからも取り扱い可能になったんで
早速注文させていただきました。

そしたら何と太っ腹なキャンペーンで
ステッカーを2枚注文すると送料無料で
もう1枚プレゼント!だって。

なんかとっても恐縮しちゃいます・・・。

だってね、ステッカーの値段って
ドカット用550円にバケットマウス用650円ですよ。
安っ!って値段なのに
それに送料無料にもう1枚って・・・。

っで、このステッカーが優れものなんです。
丈夫な素材でできてて表面がUVカット加工
それに、裏側が細かいメッシュ仕様になってて
空気が抜けやすくなってるから貼るのも簡単。
(詳しくはHPを見てね)

ステッカー貼って空気が入っちゃうと
とっても悲しい気持ちになってしまいますもんね^^。

170629IMG_2469.jpg

ちょうど蓋のくぼみの商品名のシールが貼ってあるところにジャストフィット。

何の苦労もなく貼れましたよ^^。

170629IMG_2470.jpg

っでもう1枚の方はマダイステッカーでドカット用。
バケットマウスのサイドかクーラーボックスに貼ろうと思って
この形にしました。

170629IMG_2471.jpg

っでサービスの1枚も商品が指定できるので
タチウオさんで。

っでね、何と今回もう1枚おまけで

170629IMG_2472.jpg

ちょっとサイズのおっきな
ヒラマサさんステッカーまで・・・

Oさん 本当にありがとうございます。

170629IMG_2474.jpg

こんな感じね。

ラインナップは 鰤 真鯛 平政 太刀魚 アオリイカ 剣先烏賊 真蛸

皆さんもどうですか?

プレゼントキャンペーンは7/31までだそうです。
別のキャンペーンもされてますし
他のサービスのことも詳しく載ってますので
ぜひHPをチェックしてみてくださいね~。

Oさんのこともとっても詳しく載ってます^^。

ということでタックルボックスにも気合い注入できたし
あとは本番まで待つのみ。

7月はイカメタル3連発の予定ですし
頑張って釣りに行くぞ~。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村



やっと完成~ タイラバヘッド♪



先週末は釣りの予定がなくなって
お家でまったり。

家庭菜園の世話したり
タイラバのヘッドの仕上げをしてました。

まずは 

170625IMG_2457.jpg

塗装とかコーティング剤にディッピングするのに
ステンレスの針金で吊っていたので
それを抜きます。

ラインを通す穴に入ったコーティング剤を電動ドリルで取って
リューターでその穴の周りを滑らかに。

でもって大きさ分け。

170625IMG_2458.jpg

170625IMG_2460.jpg

40号-150g

170625IMG_2461.jpg

35号-131g

170625IMG_2459.jpg

30号-113g

170625IMG_2462.jpg

25号-94g

170625IMG_2463.jpg

20号-75g
と40号

170625IMG_2464.jpg

170625IMG_2465.jpg

カラーは グリーンメタリック レッドメタリック オレンジ ゴールド
トリプルチャートにグローチャート

20号はオモリがなくなっちゃったんでオレンジがないんだけどね。

まぁなんとか完成~

あぁ長かった・・・(笑)

やれるときに一気にやっちゃわないと
なかなか面倒なのですよ、塗装って。

特にコーティング剤は
使い切りぐらいでないと
勝手に固まってくるしね。

これだけ作っておけばあとはロストした分とか
塗装が剥げてきた分だけ補充したらいいから
比較的楽です。

これより小っちゃいのはかなり以前に作ったのがあるから
それに後少しカラーを追加しようかな。

ちなみにケースは100均商品^^。

こういうところで節約しないと
お金かかって仕方ないしね。
あと、仕掛けとか。

ロッドとかリールとか必要なとこにはお金はかけたいですが
ケースで魚が釣れるわけじゃないし(笑)

材質が薄いんでちょっと持ちにくいんだけどね。
そこは我慢我慢^^。

ヘッドもこれだけで70個以上あるから
完成品を買ったら・・・
あぁ恐ろしい(笑)

オモリだけの値段で行くと40号で1個100円ぐらいなんで
あとは塗料はそんなに使わないし
コーティング剤ぐらいのもんですからね。
アイも自作だし。
まぁ手間のもんっていうのが一番ですか(笑)。

これ以上の重さのヘッドは
完成品しかなかったんでそれは注文済み。

さぁ、これでタイラバ行けるし~。

誰か一緒に連れてって~(笑)


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


こんな天気のいい日は♪



梅雨入りしましたね~。

でも今日、6/10(土)は梅雨の合間の晴れで
とってもいい天気でした。

ほんとは今日は徳島の清和丸さんの予定だったのですが
奥さん、先週日曜日にまさかの捻挫・・・
それもかなりきつく・・・。

やったすぐはそんなに痛みはなかったようなのですが
時間とともに・・・。

数時間後にかなりの痛みで病院へ。

救急で聞いて行ったのですが
日曜日の夜でもかなりの人なんですね。
ちょっとびっくり。

幸い、骨には異常はなかったのですが
全然足を地面につけない状態でしたので
奥さん、人生初の松葉杖生活・・・。

1706107060601.jpg

ということで今日はキャンセルさせていただきました。

宮本船長、ご迷惑をおかけしましてすいませんでした。

台湾土産をお渡ししようと準備してたのですが・・・。
また連絡させていただきます。


奥さんの捻挫もだいぶましになってきてますので
今日は朝から病院に松葉杖を返しに。

それから買い物をして
その後は先日からの鯛ラバのヘッドの製作。

最終段階のコーティングです。

ウレタンクリアのどぶ付けですので
ベランダで店をひろげます。

170610IMG_2426.jpg

こんな感じね。

170610IMG_2430.jpg

ハンガーと

170610IMG_2428.jpg

タオル掛けを並べまして

170610IMG_2431.jpg

ひたすらどっぷんこ どっぷんこ

数にして77個^^。

20号(75g)から40号(150g)の5号刻み。

現在乾燥中です。

こういう作業って寒い時はベランダに出るの自体嫌だし
乾燥に時間がかかるし
でも暑すぎるのも・・・。
それに今の時期だと湿気が多い時は
白濁したりもするので
なかなか厄介。

でもルアーの下地を作ったりするセルロースセメントよりは
扱いが楽なんでササッと終了。

でも同じ塗料を使ってても
色によって強い弱いがあるのかな?

上の写真のオレンジのがちょっと色流れ起こしちゃいました。

まぁ、どうせ色もはがれたりするから
気にしない気にしない^^

それからこの前のイカメタルで
サバフグにフックを折られましたので
その修理と取れちゃった泥棒スッテのアイ付け。

同じサイズのフックを以前見つけたんで
修理用にストックしてあるのですよ。

工具さえあれば結構簡単に交換可能です。

アイは鯛ラバのヘッド用のもそうですが
自分で作ってます。

面倒なんで赤、青、緑の単色にしてますけどね。

これも結構ちゃんとしたのを作れるんですよ。

ルアー用の目玉仕様の作り方はこちら

さて、これで釣りの作業はだいたい終了かな。

後は釣るだけですね^^。

そうそう、だいぶ先にはなりますが
鳥取の第二清洋丸さんの予約が取れました。

一昨年の9月に私が75センチ、
奥さんが73センチのヒラメをノマセで釣らせてもらった船です。(その時の記事が→こちら

3か月前の月初めに予約受付開始なのですが
休日は瞬殺・・・。

去年は土曜日に取れなかったので
平日に取らせていただいたのですが悪天候中止・・・。

今年は土曜日に予約が取れましたので
今から楽しみ。
釣り場のポテンシャル、半端じゃないですからね~。
そして、船長さんがしっかり釣らせてくださいます!

中垣船長 また夫婦でよろしくお願いしま~す♪

 
以上、釣りに行けなかった梅雨の合間の
晴れの休日の過ごし方でした^^


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村





プロフィール

aki.t.

Author:aki.t.
行きたい釣りが多すぎて 困ってしまう今日この頃・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トータルの訪問者数

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR