スピニングリール 買っちゃった♪



さてさて、先日こんなのをポチッちゃいました。

170820IMG_2564.jpg

170820IMG_2563.jpg

これ私の

170820IMG_2562.jpg

ダイワ エクセラー2506H-DH

170820IMG_2577.jpg

奥さんのがこれ

同じくエクセラー2506H

170820IMG_2578.jpg

ダブルハンドルとシングルハンドルの違いは
好みの問題^^

奥さん、ジギングで釣りを覚えたもので
最初に使ったのがシマノの6000・8000番クラスのスピニング。

その時、同時にやってたインチクも
ベイトのシングルハンドル。

だもんでダブルハンドルが苦手。

確かにしゃくる釣りには
シングルハンドルの方が使いやすいもんね。

私は用途に応じて使い分けてます。

ちなみにこれは来月釣行予定の
和栄丸さんのアジングで使う予定。

今まで持ってるこのクラスのリールは
波止でスプールに傷をつけてしまったので
細糸には若干の不安があるし
このクラスより少し小さいのも持ってるんですが
そちらは糸巻き量が不安。

結構深いとこやるみたいなんで。

それから奥さん用に持ってるのは
ドラグ性能が不安。

何といってもデカいですからね~アジさん。

50センチオーバーとか出るし。

ハマチですか?ってサイズ(笑)

あと、今持ってるこれより大きいのだと
ちょっとバランスが悪いかなということで
思い切って買っちゃいました。

ネットで探して
それぞれ最安値の店で購入。

これ、マグシールドなんですけど
1万切る値段であるんですね。

もっとすると思ってた^^。

でも本当はもうちょっと安いのにする予定だったんですけどね。

実際に釣具屋さんで見てみたら
なんかドラグの感じが気に食わんというか
なんか違うな~って感じで。

まぁ雲船長とこの白身三昧便でも使えるだろうし
イカメタルでも使えるしね。
ちょっと予定外でしたが購入です。

レバーブレーキのも興味あるんですけどね。

でも多分、慣れるのにかなり時間がかかりそう。
持ってるんですよ、レバーブレーキのスピニング。

20年以上前に磯釣りで使ってたやつ^^

その頃のって今のと違って
常に回転はフリーの状態にして
止めるのにレバーを使うってタイプ。

だから勢い余ってというか
必死になって握り過ぎて
レバーを折っちゃう人も居たそう^^

当然、ドラグがついてないのよ。

まぁ、今みたいにいろんな釣りで使うんじゃなくって
磯でグレなんかを釣るのに
一瞬テンションを緩めてこちらを向かせるためのものだったり
竿の角度を調整するものでしたから。

だから逆回転のオン、オフに使うっていうのが
多分できなさそう(笑)

意外と身に付いた癖というのは抜けないものなのですよ^^

それと右手巻きで使ってたし。

よく、右巻きだ、左巻きだと話題になったり
論争(!?)になったりしますが
私は両刀使い。

それぞれ理由があってそうしてます。

磯(最近は全然やってませんが)なんかでは
右巻き。

その理由はタモ入れの時、
非力なんで左手でタモが操れないから。
それからコマセを打つのに
左手では杓を扱いにくいから。

それからベイトは基本右。
イカメタルでロッドがスパイラルガイドで
左巻き用に倒してあるのは
左巻きにしてますが、かなりぎこちない気が^^
最近ちょっと慣れてきました。

スピニングの左巻きは
最初、川でトラウトをやるのに
トゥイッチングが左手(右巻き)ではやりにくかったから。

キャストする時に
左巻きだとロッドを持ち変えずに
すぐに巻き始められるというのもありますが
私はこれはあまり気にならなかったので
このためということではありません。

ですのでロッドを動かす釣り(ジギングなんかも)で
右手の方がロッドを動かしやすいので
左巻きの練習をしたって感じですね。

最近ではスピニングは左の方が楽かな。

でも例えば超大物相手のパワー勝負なら
右手巻きにするでしょうね。

その方が単純に力が入るし。

何といってもね、私が釣りを始めた
40年以上前って
ガキの買えるリールで左巻きなんてなかったのよ(笑)。

特にベイトなんてなかったし。

だから基本右巻き。

でもバスで釣りを始めた人
(私より下の世代の方で多いです)は
やっぱり左巻きなんでしょうね。

でもね、よく釣りガールが出てくるような番組で
釣りをしたことがない子に
いきなり左巻き使わせてることがあったりして、
まぁ先生役の人のをそのままってことなんでしょうけど
なんか痛々しい時がありますよね。

スピニングリールをカクカク巻いてるの見て
それってどう?って思っちゃいます。

あと、実際に釣りをしてても
何度か見たことがありますが・・・。

実際、やったことのない人にとっては
利腕の方がリールを巻きやすいと思うんですけどね~。
特に非力な女性や子供さんは。

うちも奥さんが釣りを始める時に
両方で試してみましたが
即答で右巻きになりました^^。

もし、彼女や奥さんと釣りを始めたいと
思っているのでしたら
その辺りも考えてあげてくださいね。

まずは少しでも快適に釣りができるように。

そして一番はちゃんと釣れること^^。

自然相手ですからなかなかそうはいかないものですが
釣れなきゃ始まりませんし。
っで、やっぱり釣れなきゃ面白くないし。

そして自分の釣果は
場合によっては今までより落ちるものだと
認識してください。

だって、根掛かりや~仕掛け切れた~とかありますし
釣らせるためにはいろんなことしないといけない場合もあるし。

でもね、夫婦で釣りに行くって楽しいよ。

共通の趣味っていいなと思います。

釣りに行く途中も、当然最中も会話は弾むし、
帰ってきて魚の処理をする時なんかは
その日の釣りの話で盛り上がりながら
2人で処理できますから
時間がかかっても苦痛じゃないし。

それにね、何といってもタックル買うのを理解してもらえるという
とってもおっきなメリットが(笑)

皆さん、奥さんに隠して
タックル買ったり、またそれがばれたりとかの
苦労はされてませんか?

絶対、釣り道具の値段は教えられん!
って言ってた人がおられましたが・・・^^

我が家、それがありませんからね~。
逆に物凄く理解ありますからね~。

前回の記事にも繋がりますが
良いタックルの良さを実感してますからね、奥さんが。

2人分というのが恐ろしい時もありますが(笑)



ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村





セフィア エクスチューン メタルスッテ のお話♪



前回書きたかったセフィア エクスチューン メタルスッテ B605M-S のお話です。

170820IMG_2580.jpg

私なんぞがこのロッドについて語るのも
おこがましいったらありゃしないって感じですが
忘備録ということで。
またしばらくイカメタルはお預けだしね。

このロッドを始めて使った時にも少し書きましたが(その記事は→こちら
ほんと凄いロッドです。

初めて仕掛けを入れた時に
ちょっと戸惑ってしまうぐらいの繊細な感じ。
使いにくいっていうことじゃないんですよ。
その丸っきり逆。
ロッドからの情報量の圧倒的な多さにびっくりしたんです。

奥さんも自分のブログで
「格が違う感じ」と書いてますが
まさにその通り。

イカメタルに限らずなんですが
ロッドって「掛け調子」と「乗せ調子」っていう
分け方するじゃないですか?

このロッドも他のラインナップからすれば
「掛け調子」なんでしょうし
HPにもそのように書いてありますが
普通のロッドの概念では説明できないところが
あると思います。

アタリの出方とかティップの曲がりだけ見たら
「乗せ調子」みたいな。

いろんなアタリが出るのは
イカメタルの面白い所ですが
今までに経験がなかったような
「にゅい~ん」っていう
大きく穂先が持って行かれるような
入り方をする時がありました。

ロッドが大きく舞い込むような
「ど~ん」っていうアタリはたまにありますよね。
そういう勢いよくじゃなくって
「にゅい~ん」なんです。
自然な感じで「にゅい~ん」^^

これって「乗せ調子」と言われる柔らかい竿で
違和感なく魚(イカ)が持って行ってるっていう
アタリですよね。

かと思えば、「チクッ」っていう
ほんと数ミリだけ入るような
鋭角的なアタリも出ます。

この辺りが凄いとこですよね。

そして合わせはきっちり決まります。
きっちり「掛け」に行けるんですね。

限られた字数の文章で表現しようとすると
どうしても「乗せ」「掛け」となるんでしょうが
私が思ったのは「乗せ掛け調子」^^。

もう完全に今まで知っているロッドとは
別次元の作りというかコンセプトというか。

それからイカ先生と直接お話させていただいた時に
仰ってたんですが
柔らかすぎるロッドだと掛けてから
上げて来る時に面白くないということ。

「掛けてからも楽しめないと」
そんなふうに仰ってました。

確かにそうですよね。
餌釣りなんかで柔らかい胴調子の竿って
なんか魚の大きさがわからんぐらい
魚の引きがぼやけちゃう。

イカメタルのロッドでも
そういうのはありました。

でもね~このロッド
小さいのは小さいなりに

ちょっと大きくなったら
「おっ 引いてる!」って感じに

でも、もっと大きくなって
イカの引きに負けてるようじゃ意味ないですよね。

それがですよ~全然そんなことないの。

大きいのもしっかり上がってきます。
のされてる感じとか
「やばい!」って感じなんかも全然ナッシング。

この感覚がびっくりですよ。

最初、この大きさのがこれだけ引くんだったら
もっとデカいのがきたらどんななんだろ?
って思いましたが
そこはイカ先生のDVDやブログでの説明を拝見してたんで
不安っていうのじゃなく
めっちゃ楽しみでした。

残念ながら超デカイカサイズは釣れませんでしたが
そこそこのは釣れたので
その引きも堪能できました。

それからね、これはちょっと
とっても感覚的なもので
なかなかうまく表現できないんですが
よくどんな釣りでも前アタリっていうのがありますよね。
そんな感じなんですが
いろんな棚を探っていて
明らかに「この棚は釣れる!」っていう
確信を持てるようなティップの動きが出るんですね。
それをアタリと言えばそれまでなんですが
ちょっと違うような…。

私達、夫婦で棚を合わせて釣っていますので
例えば奥さんが全然違う棚で掛けたとします。
その棚に仕掛けを移動させた瞬間から
何かしらの信号がある。とか、
さっき書いたようにその棚に入れた瞬間に
動きが変わる感じ。

一番近いのはざわつくって感じかなぁ。

波でティップは動きますよね。
仕掛けが入って行って落ち着くまでにも
動きますよね。
そういう一連のあるべき動きに
何か違和感ぐらいの感じでプラスされるというのかな。

ちゃんとしたアタリってそういう一連の動きとは
違うものじゃないですか。
そこまでの動きじゃないんです。

今までもあったとは思うんですよ、そういうの。
でもそれがとっても明確にわかるようになりました。

果たしてあれは何なんでしょうか?
潮の流れ?
周りにいるイカとか魚の起こす水流?

教えて イカ先生!(笑)

来年のフィッシングショーで直接お伺いしようかな^^。

あと、ラインの揺れなんかも感じれるようになりましたね。

もうね、凄まじい情報量。

そして
持って楽しい
構えて楽しい
誘って楽しい
掛けて楽しい
上げて楽しい
すべてにおいて楽しいロッドです。

イカ先生がブログで書かれてますが
『使った人が本気で喜べるロッド。』

本当にそういうロッドだと思います。

こうなるとこのシリーズの
他のロッドも気になってしまう・・・。

いやいや、恐ろしや恐ろしや^^

でも各社いろんなロッドやスッテが出てきて
面白いジャンルになりましたね~。

正直、はじめはそこまでになるとは思ってませんでした。

浮きスッテの釣りもやってましたからね。
イカメタルをする前は
数釣れんようになるやんって真剣思いましたもん。

奥さんなんて本格的な船釣りって
浮きスッテの夜釣りからですから^^。

それが結構慣れてきて
(というか丸っきりの初心者にしたらスッテが扱えてたのですよ)
スッテの数ももっと増やしてみようかって時でしたから。

正直、え~っせっかく慣れてきたのにっていう感じ^^。

でも今では一番ドはまりしてる釣りですからね~。

浮きスッテの釣りだとここまでじゃなかったです。

この釣りを一つのジャンルとして
作り上げていただいた方々に
感謝感謝です。

っで、これだけはやって来ると
いろんなのがいろんなメーカーから出てきてますが
はっきりとラインが違うっていうのも見えてきましたね。

テレビなんかで見てると
ロッドの曲がりがスムーズじゃなくて気持ち悪いのがあったり
柔らかすぎてイカが抜けないのかな?
いちいちラインを持って上げてたり・・・
これって、特に初心者には無理がありますよね。
針に返しがない分、ばれやすいですから
そうやって上げないといけないようなのは
ちょっと違うんじゃないかと・・・。
下のスッテとドロッパーの距離が長いっていうのも
あるかもしれませんが
明らかにロッドが柔らかすぎっていうのが大きい気がしました。

極端な乗せ調子っていうんでしょうか
漁師竿っていうような感じでしたが
そういう意味で特化しているのってどうなんだろ?

まぁ趣味の世界ですから
個人の好みと言ってしまえばそれまでですけどね^^

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

タイラバ&イカメタル~♪



さてさて、本当はタックルについて書こうかと思っていたのですが
なかなか時間が作れなかったので
釣行の方が先に来ちゃいました^^

先週の土曜日、
谷山商事の方々のチャーターに相乗りさせていただきまして
(去年の秋も相乗りさせていただいてました。
その時の記事が→こちら
行ってきました、舞鶴はあいぶん丸さん。

170808IMG_2536.jpg

おっきな船で
足元もフラットなんで釣りやすいですよ~。
船長さんも真面目な感じのとっても優しい方。

朝の8時半出船の夜10時ストップフィッシングという
かなりドMな釣行。

でも久しぶりの昼間の釣りですからテンション上げ上げ^^

170808IMG_2541.jpg

天気もいいし。

170808IMG_2546.jpg

まずは勝手知ったる冠島周りから。

170808IMG_2544.jpg

いや~久しぶりだわ、この風景。

ジギングでほぼ毎月通ってたんですが・・・。

ほんとはねぇ、もっとこちらにも来たいのですよ。
でもなんせ最近、ブリ系の魚がちょっと辛くて・・・。

カンパチならいいんですが
ブリになると食傷気味というかなんというか。
料理のレパートリーにも困ってしまう魚なので
ちょっと遠ざかっております・・・。

でも今回はタイラバということで。

前にも書きましたが
まだ遊動式のタイラバが出てなかった頃、
ちょこちょこはやってたんですよ、大阪南部、和歌山方面で。

でも奥さんはほぼ初めてみたいなもんでしたし
ディープとなるとちょっと勝手が違うし
ということで準備に結構時間を掛けてみました。

タックルからタイラバのヘッドから・・・。

そして満を持しての釣行です。

ロッドは電動タイラバ用に
谷山商事 船匠ブランド『DEEP鯛ラバ210』も買って。

っで船匠スタッフの宮崎さんに
連れてって~とお願いしまして
今回の釣行になりました。

毎度毎度すいません、無理ばっかり言いまして。

さて、調子の方はというと
実はタイラバはかなり厳しいとの前情報。

でもいいんです。
だいたいの雰囲気を掴めたら。

ドテラでやるタイラバって初めてですから
どんな感じなのかな~って。

釣果の方なんですがやはり・・・

掛かってきても船中エソ連発みたいなこともありましたが
私には来ず・・・

170808IMG_2547.jpg

奥さんにはアオハタさん。

170808IMG_2549.jpg

なんか掛ったけどタイじゃないし
もしばれたら嫌なんでこそっと上げて来てたらしいのですが
横で釣っていた宮崎さんに目ざとく発見され^^

まぁ無事に上がってきて良かったね。

170808IMG_2554.jpg

その宮崎さんにもレンコダイ。

170808IMG_2556.jpg

私にもアタリはあったのですが
フッキングせず・・・。

時間だけが過ぎていく~^^

まっ こんなもんでしょ最初は。

今回ロッドも初めて使えたし
リールもやっとフォースマスター300DHを試せたんで
良しとしましょう。

落とし込みでビーストマスター3000なんかも使ってるので
巻き上げスピードの感覚がなかなか慣れませんでしたが
ほぼわかってきた感じ。

このリール、小っちゃいけどパワーはありますね、
魚かけては上げて来てないけど(笑)

タチウオテンヤで使うのが楽しみ。

さて船長さんはいろんなポイントを走ってくれたのですが
これといったドラマも起こらないうちに夕方に。

「その時、〇〇(私の名前ね)は動いた」とか言いながら
いろんなこと試しましたが
結果は空しく・・・^^

前回ご一緒させていただいた時には
ちょっとびっくりの10キロオーバーのマグロを
釣られた方もおられたのですが
今回はサプライズなしでした。

そして船匠リーダーの伊東さんにも。

先日、釣りビジョンの『沖釣りギャラリー』にも出られてましたね。
その時もこちらのあいぶん丸さんで。

その時はマダイの天秤釣りだったのですが
さすが名手伊東さんという感じでした。

でも今回、タイラバの部では苦労されてた様子^^

そして暗くなる前から
釣り座も左右に分かれてそれぞれ思い思いの仕掛けを出します。

この辺がチャーターの良さですね~。

私達は一応イカタイの準備をしておいて
メインはイカメタル。

他の方はイカはスッテでとか
アジやタイ用に餌釣りの仕掛けを入れてり
当然イカタイ仕掛けも。

っで今回、昼間もちょっと厄介だったのですが
潮が走りまくり^^。

イカメタルでは15号までの釣りをしていたので
ちょっと戸惑ってしまいましたが
何とか様子もわかってきて釣れ出します。

170808IMG_2558.jpg

なかなか浮いて来なかったので
ちょっと効率が悪かったのですが
さすが日本海
サイズがいいので楽しめます。

15号のタングステンでなんとかなったので
良かった良かった。

それ以上のスッテを使うイカメタルは
ちょっとしんどいですからね。

っで、前回までの釣りで
ちょっと気になっていたアタリというかなんというか
ほとんど雰囲気っていうような反応も
また確かめることができたので
その辺りは今度、タックルのことを書く時に。

皆でワァワァ言いながら
楽しくさせていただいてたら
時間なんてあっという間。

伊東さんも宮崎さんも反対側で釣られてたので
詳しい様子がわからなかったのですが
(まぁその辺りは『船匠スタッフのブログ』でアップしていただけるでしょう
とプレッシャーをかけておいて^^)
きっちりと釣られてた様子。
さすがです。

途中、宮崎さんのイカタイ仕掛けに大物が掛ったみたいでしたが
ばれちゃったのは聞いていた^^

っで、なんと最後に釣られたお魚さんまでいただいちゃいまして。

マダイにアジにレンコにガッシーまで。

すいません、自分でよう釣らんかったもんで。
本当にありがとうございました。

このいただいたお魚さんで
充実した釣行になりました^^。
本当に楽しく過ごさせていただきました。

ということで長時間釣行はここまで。

次回はイカメタル最終戦の予定だったのですが・・・

かなり状況が厳しいとのことで・・・

う~ん お盆休み何しよう・・・?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


祝!初の三桁超え♪



さてさて、連敗続きの今年のイカメタル。
今回ダメだったらもう、ちょっとやそっとやさぐれても
やさぐれたりないぐらいの状態。
もう今年はイカメタルやめた!ぐらいの勢い(笑)

そんな中、今回は和歌山は日置川 正福丸さん。

170730IMG_2520.jpg

和歌山では数少ない赤イカ(剣先)をイカメタルオンリーで
釣らせていただける船。

イカ先生が2年連続
ティップランでレッドモンスターを釣られてる船でもありますね。

170730IMG_2521.jpg

状況はというと
イカが回ってくるのは例年より遅かったのですが
釣れ出したらこれが連日絶好調!

前日も皆さん100杯弱の釣果。

これは期待大!
ではあるのですが、今年の私達の状況が状況だけに
ルンルン気分を自制させます。

自分達の釣果に超自粛ムード(笑)

特に奥さん、行きの車の中でも
過度な期待をしてダメだったらいけないからと
疑心暗鬼という鬼さんいっぱい引き連れてました^^。

170730IMG_2522.jpg

でも釣れ出したら写真を撮れないからと
なぜか準備風景の写真がたくさん^^

170730IMG_2524.jpg

6時前に出船。

台風の影響が心配ではあったのですが
それもほとんどナッシング。

170730IMG_2525.jpg

170730IMG_2526.jpg

日置川尻の赤灯ですね。

昔から超有名ポイント。

かなり以前の記事で超でかいチヌが釣れると
見たことがあるのですが最近はどうなんだろ?
磯釣りは全然行かなくなっちゃったんで
情報も集めてないんで・・・。

さて釣り場まではほんとすぐ。

やっぱり日置川尻っていい場所なんでしょうね。
他にも船が結構出てました。

明るいうちはボトム狙いで。

探見丸にもボトム付近にベイトの反応。
アキフィッシュ対応なんでサイズも出てます。
この時で10センチ強だったかな?

この魚のサイズってどの程度正確なんかなぁとか思いながら・・・。

でもこのアキフィッシュ対応探見丸に
この後、助けられることになろうとは露知らず・・・。

っで、明るいうちはボトム付近で地味~に釣ってると
「にゅい~ん」ってロッドのティップが入る
超元気なアタリ!

合わせるとこれまた素直に掛かってくれます。

最初のは型は和歌山サイズ^^

次も「にゅい~ん」でちょっとましな子。

でもめっちゃ引くのはなぜ?
この日はやたらと引きが強かったような。
やっぱり活性が高いからなのかな?

ポツポツではありますが
明るいうちに釣れ出しまして
特に私が結構いい感じのスタート。

私が3~4杯釣ってから奥さんに待望の1杯目。

170730IMG_2527.jpg

でもまだ灯りついてない時間帯。

やっぱり今日はいいんじゃないの~と
私は思ってたのですが
奥さんはまだこの時点でも疑心暗鬼^^

いやいや電気点いてからと・・・(笑)

170729(1-2).jpg

でも点灯後すぐにダブル!

っで船長に写真を撮っていただきました。
(すいません、写真お借りしました)

170929(2).jpg

私にも

この少し前から探見丸にボトムの反応以外に
20Mぐらいのところにもベイト反応がちょろちょろ。

前日までボトムでの釣果だったようなのですが
これはここら辺りまで浮いてくる?
というか、私達浮かせて釣るのが好きなんで
浮いてきてね、と祈りつつ。

順調に釣れ出して
上の方にもベイト反応がてんこ盛りに。

爆釣モード突入です。

今回は奥さんから
取り敢えず釣りなさい!指令が出ておりましたので
いろんな検証は置いといて
真面目に釣りに行きます^^

だってね、釣れててもそれが本当に正解なのかって
釣れないこともやってみて初めて検証できるわけですよね。

よく素人判断丸だしの「これ釣れる!」みたいな記事がありますが
それってどうなの?っていうのがどうしても払拭できない。

まぁその時の状況でいろいろ変わるのは当然なのですが
どうもその辺り、自分でやってみないと納得いかないわけですよ。

でもそれも封印して
めっちゃ必死に釣っちゃいます。

8時くらいに30杯ぐらいだったかな?

その間、ちょっと合わせのタイミングとか
強さを調整しつつ、ダブルも狙いつつ
数を伸ばしていきます。

その頃に今回も出ました!ハンマーヘッドシャーク!!
奥さんが上げてきたイカに完全にロックオンしてましたが
急いで上げてかろうじてセーフ。

その後ももう1回水面に出てきましたが
探見丸にも1M超の魚が映ってたので
コイツの仕業でしょう。

それから9時前には50杯ほど。

でもここで驚愕の事実が判明。

私の方が早く釣れ出して
ずっとリードしてると思ってたら
奥さんに10杯ほど差をあけられてるし。

いつの間にそんなに釣ってたの?

っで、いつもなら奥さん、カウンターはいらないって言うんですが
今回は素直に受け取って使ってました^^。

さすがにこれだけ釣れてたら数わからんようになるわな^^。

っで、この頃にたくさん釣れてるんで
奥さんから検証モード解禁のお達しが^^

でもね、いつもなら喜んでいろんなことしそうですが
これだけ高活性でイージーに釣れる日もなかなかないし
もしかしてこれは夢の100杯超えいける?と
ちょっと色気が出始めまして
検証もそこそこに(でもやっぱりちょっとはやっちゃうのです^^)

やっぱりね、100杯超えって一度はやってみたいじゃないですか。

30杯ぐらいでテクニカルなのが面白いっていうのもよくわかるんです。
100杯とかって漁になるっていうのも。
 
でもね、一度はやっておかないと
そういうのも言いにくいじゃないですか。

自分の中で納得がいかないというか。

だから今回はちょっと本気で狙いにいこうかと
ちょっとこの辺りで思った次第です^^。

170730IMG_2529.jpg

さて船長さん曰く前日は9時頃一旦落ち着いて
10時頃からまた釣れ出したそうで。

やはりそんな感じの釣れ方になってきました。

ここで、おなじみ男の1本勝負
軽~いスッテ(この時は6号)単体で
ネチネチせめてみます。

ダブルがないのは痛いですが
活性がちょっと落ちた時には
好結果が出る時が多いので
最近はそれ用に1本ロッドを準備しています。

これが水面まで浮いてくる日だと
エギをつけてサイトフィッシングなんですが^^
ここんとこそういうのにお目にかかってないです。

っで何杯か釣って元のタックルに戻すと
すぐに乗っちゃうんですね~。
目先を変えるという効果もあるようです。

さて、10時半になり船長から
「あと30分」コールが。

この時、私はちょうど90杯。
これは100いける?でもちょっと食いは落ち着き気味?

でもここで100いけなければかなり後悔するのは目に見えてるし。

ここまでは19M~24Mの間、
特に22Mっていうのが私達の当たり棚。
(他の方はボトム狙いだったのかな?)

途中、ちょっと棚を探ったりもしましたが
ほぼこの棚で。

特に奥さんはひつこいぐらいにこの棚で。

ちなみにスッテもエギも爆釣モード突入から
一度も変えてなかったそう。

こういうのもありなんでしょうね。

でも私はそういうのはできないので^^
色々やってみてましたが
ここでその検証結果を試す時!

この日の1軍スッテ、エギの中でも
特に良さげなのに交換。
この時間がもったいないけど敢えて交換^^

っで、その上にロッドも変えて
男の1本勝負に敢えて挑戦。
目先を変えて最後の追い込みをかけるためですね。

この時点で10分経過の3杯。

すぐに掛かって94杯。

ここで探見丸に今までなかった反応が。

25M辺りにでっかい魚マークが現れました!

え~っここにきて!?

さっきのシュモクザメ程ではなかったのですが
明らかにベイトではない魚が
ウロチョロしだした様子。

これはいかん!と一瞬焦りましたが
その下、32M辺りにこの日の好反応が。

魚探の反応ってその船長さんによって出し方も変わるじゃないですか。
当然いろんな条件でも変わってくるし。

いつも探見丸を使える船では
まずはその反応の出方を見るとこから始めてるんです。
船長さんの癖みたいなものも含めて。

それでわからなければ船長さんに聞いてみます。

和栄丸さんでお世話になった時、
野呂船長に質問して教えていただいた時に
びっくりするようなというか
凄い!と思ったことがありましたが
その内容は内緒(笑)

話は戻って
この頃に奥さん、満面の笑みで100杯到達宣言!

おめでとう~♪
まさか今日というか今年いけるとは思ってなかったよね~。

さて今度は私ですよ~。

22Mは捨てて32M勝負!

これが大正解!!

もしこれがアキフィッシュ対応じゃなく
魚の大きさが出なかったら
多分22Mラインでそのままやってたでしょうね。

そしたらもしかしたら・・・。

この後、奥さんも同じ棚に変えて順番に釣っていきます。

ここにきて今日の検証結果をフル動員^^

そして見事100杯達成~♪

おめでとう~ パフパフパフ~♪


いや~ この道のりは長かった(笑)

いつかはやってみたかったイカメタル100杯超え。
やっと達成できました。

この後、私が1杯追加の101杯でフィニッシュ。
奥さんなんと、107杯で竿頭~♪
まさか和歌山で100杯超え達成できるとは。

改めて おめでとう~

この後、意気揚々と帰ったのは言わずもがな。

やり切った感まんちくりんで
疲れてはいたのですが
ほぼノンストップで帰って2人でせっせと
200杯超のイカの処理に勤しみました^^。

まぁ他所と違って2時間ぐらいで帰って来れるのは
魅力ですね。

あ~ でも楽しかった~
しばらくこれで遠い目をしながら
ニヤニヤして過ごせそうです。

船長 ありがとうございました。

あっ、それから前日にサンテレビの『四季の釣り』で
バレーヒルの大西さんがイカメタルで出られてたので
録画して拝見してました。
私は釣りの準備とかしながら
奥さんは家事しながら
それぞれで見れる時に巻き戻したりしながら見てたって感じだったのですが
実は2人とも同じところを参考にさせていただいて
真似させていただいたのが
めっちゃ当たりでした^^
大西さん ありがとうございました^^

さて次は、ちょっとタックルについて書いちゃおうかなと。
今回書きたかったのですが
調子乗って長文になっちゃったんで^^

釣りの方は今度の土曜日に
朝から晩までのドMなコースの予定^^

台風が気になるところではありますが
行けるといいな~


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村








イカは渋かったけど・・・♪


 
ちょっと更新の間隔があいちゃいました。

だってね、急遽和歌山は串本でのイカメタルからの
満を持しての聖地茱崎でのイカメタル・・・
ホゲホゲでした・・・。

和歌山はイカがそれまで全然北上してこなくて
串本にたまってると・・・
これはこちらからお迎えに行かないとということで
行ってきたのですが前日に綺麗さっぱり抜けてしまってどっか行ってました・・・。

その次の日本海はご存知の通り今年どうなってんの?
という状態。
早い時期からの大型、そして爆釣からの
これまたイカさんどっか行っちゃってました。

今度こそはの三重県は紀伊長島、明栄丸さんのイカメタルでしたが・・・
5月のリベンジもかけてたのですが・・・
イージーな展開を夢見てたにも関わらず
かなりシビアな展開。
私達の行く前は爆釣モードだったのにね~(笑)。

5月と和歌山では奥さんが
しょっぱな、誰も釣っていない状態からの
怒涛の3連発からのベタ止まりというのをやっていたのですが
今回は私がやってしまいました・・・。

もう、途中何やっていいのか
全然わからん状態。
超、負のスパイラル。

後で考えたらこうすべきだったかな?っていうのは
見えてきたんですが
その場では何をやってもダメダメちゃん。

でもね、とってもいい船長さんなんで
釣り自体は楽しかったんですよ~。

170728(12).jpg

こんな感じでおっきいのも最初に釣れたし

170728(11).jpg

奥さんとダブルもあったりなんかして。

でも途中、思い通りに釣れなくて
一番焦ってたのは船長でした^^

っでこの日、いつもお世話になってる
和栄丸の野呂船長に奥さん手作りのお菓子と
台湾土産のお届け物をしたのですよ。

そしたら帰りに寄ってと明栄丸の船長にもお電話があって
片付けが終わってからお邪魔しました。
隣の港ですからね、車ですぐなんです。

そしたらなんと、釣りたてのアジをいただいちゃいました。

噂の野呂アジですよ~。

美味しく食べてもらいたいからと
釣れたら船長手ずから血抜きして
神経締めまでしてくれるんですよね。

これが釣りたくて(食べたくて^^)何度か予約させてもらったんですが
今まで全部悪天候中止だったんで
実際に目にするのは初めて。

170728(1).jpg

170728(2).jpg

これですよ、これ!

もうめちゃめちゃテンション上がりました!

っで帰ってから処理して2日に分けていただきましたよ~。

まずは初日

170728(3).jpg

170728(4).jpg

アジ&剣先リングフライ。

これだけでかいアジだと切り身でフライです

私はタルタルソースでいただきました。

170728(5).jpg

アジのたたき

170728(6).jpg

薬味たっぷりでおいしい~

170728(7).jpg

アジのあら汁

170728(8).jpg

お刺身

イカは安定の旨さ。

アジの方はね

170728(9).jpg

この綺麗な身

血抜きばっちりで脂もノリノリ

170728(10).jpg

これの刺身ですからね。
とんでもない旨さですよ。

食感も今まで味わったことのない食感。

船上での処理でここまで変わりますか~って感じ。

それと、やっぱりこの場所っていうのも大きいんだと思います。

今を去ることウン十年前^^
小学生の頃に田舎(紀伊長島から車で1時間かからない山の中)
に行った時によく紀伊長島とか錦から来てるお魚を食べてたのですよ。
アジも干物が多かったけど美味しかったもん。
小学生の頃ですからね、干物なんて普段は美味しいって思って食べてなかったし^^。
それがね、美味しかったのですよとっても。
毎回お土産で買って帰ったぐらい。
防波堤に釣りに連れて行ってもらって(多分古和浦かと)
その時釣って食べたアジも美味しかったな~。

紀伊長島周辺、恐るべしなのですよ。

それを凄く丁寧に処理して持って帰らせてもらえるこの贅沢。

野呂船長、素晴らしい!

っで、その次の日ね

170728(13).jpg

170728(14).jpg

これですよ、これ!

この色!凄いですよね~

170728(15).jpg

たまらん脂のノリ!

170728(16).jpg

お吸い物はタラの白子が入っとるです。

170728(17).jpg

イカナゲット

スルメイカも釣れたからそれを使ってささみ 卵白 生姜 玉ねぎ 出汁醤油 酒 塩
コショウをフードプロセッサーにかけてます。

柔らかめの美味しいイカナゲットになってます。

スイートチリソースにナンプラーを入れたソースでいただきました。

剣先と比べるとどうしても味や硬さで見劣りしちゃうスルメちゃん。
でもね、こんな風に工夫して料理してくれます。

美味しかったです。

170728(18).jpg

アジの翡翠和え。

擦り下ろしたおうち胡瓜に甘酢を加えてアジと和えてあります。
脂の乗ったアジをさっぱり食べれる一品。

170728(19).jpg

剣先ゲソのペペロンチーノ味。

オリーブオイルにニンニク 鷹の爪 塩コショウ~。

真ん中のおっきいのはスルメのネックね。

170728(20).jpg

でね~、これだけじゃないのですよ。

普段は夜にはお米をほとんど食べないんですが
〆の1品。

170728(21).jpg

アジのなめろう冷茶漬け~♪

ネギ 大葉 茗荷 生姜 摺りゴマ 味噌 砂糖 醤油で味付けした叩いたアジを
刻み海苔と大葉を乗せた温かいご飯の上に。

170728(22).jpg

出汁を冷凍庫で冷やしてたら
ちょっと凍った^^

170728(23).jpg

もうね、超絶美味かった!

最近でこれ以上に感動したお魚はなかったんじゃないかってぐらい。
それぐらい、このアジが美味しかった。

出汁とか、あと温度その他の物に、全然味も、食感も負けないの。

とんでもないですよ、これ。

紀伊長島の漁師さんの、意地とかプライドとか優しさとか
いっぱいいっぱい詰まった
素晴らしいアジを食べさせていただきました。

野呂船長、ありがとうございました!

これはもうね、やっぱり自分達で釣らないとね、ということで
9月ですが2週連続で予約させていただきました^^
今からめっちゃ楽しみです!

それから、明栄丸の鈴木船長
今回も楽しませていただきました。
これからもお邪魔させていただきますので
よろしくお願い致します。

ということで、今回はここまで。

土曜日はまたもや和歌山でイカメタルの予定。

台風来てるけど出れるんやろか・・・?

ここもめっちゃ釣れてるんやけど
私たち行ったらイカさんどっかに行っちゃったってならんやろか・・・?


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村






プロフィール

aki.t.

Author:aki.t.
行きたい釣りが多すぎて 困ってしまう今日この頃・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

トータルの訪問者数

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR